YouTubeは世界中最高のビデオオンラインの共有サイトと知られます。これでは、様々な曲をやすく探しますが。しかし、YouTubeで直接ダウンロードを操作できない場合、音楽をどうやってiTunesにダウンロードしますか?それで、今回はYouTubeの音楽をウンロードする方法に関して、ご紹介いたします。

 

パート1:音楽ダウンローダで音楽をYouTubeからiTunesにダウンロードする方法

YouTubeは便利で豊かさな音楽配信サイトで、いろいろな音楽のソースビデオがあります。好きな音楽をダウンロードしたら、オンラインビデオのダウンローダを利用することは必要です。YouTubeダウンロードは強力なソフトで、ユーザーのために、YouTubeとVimeo、Hulu、Dailymotion、Facebookなどの共有サイトから流行のオンラインビデオをダウンロードすることができます。操作がやすくて、自由にiTunesへダウンロードしましょう。

メリット:

•YoutubeとFacebook、Vimeo、Hulu、Dailymotionなどのオンラインサイトでビデオをダウンロードする

•動画を鑑賞する時、内蔵ブラウザが提供する

•内蔵のビデオプレーヤーでビデオを見なおすことができる

• ダウンロードするビデオを便利に管理する

trial-win-jp         trial-mac-jp

その後、専門的なYouTube ダウンロードソフトでYouTubeから音楽をダウンロードする方法をご説明します。

 

ステップ1:Leawo サイトでYouTubeダウンロードを選択して、インストールします。また、ソフトを起動した後、「ダウンロード」のテンプレートをクリックして、内蔵ブラウザでYouTubeのサイトを見られます。

1.1jpg

 

ステップ2:好きな音楽ビデオを選んで、右のサイドバーでダウンロードできた音楽ビデオを自動的に現れます。オーディオだけとMP4などのフォーマットがあります。サイドバーを見られない場合、スクロールの中に緑色の矢印のアイコンをクリックして、ダウンロードリストを展開します。ビデオソオスについての情報を全部見ました。例えば、ビデオの長さやサイズ、フォーマットなどです。または、iTunesでビデオを見るなら、MP4フォーマットとオーディオのバージョンを選択しダウンロードします。

1.2

 

ステップ3:「ダウンロード中」下のテンプレートの中に、選択したビデオをダウンロードしています。ソフトの画面で「ダウンロード完了」をクリックしたら、一括ですべてのビデオを管理します。

1.3

 

パート2:音楽レコーダーで音楽をYouTubeからiTunesにダウンロードする方法

音楽だけを取り出したい場合は、やはりMusic Recorderがオススメです。このソフトはYouTubeオンライン音楽を録音し、MP4フォーマットに変換することもできます。

メリット:

•コンピュータのオーディオとYouTube、AOLミュージック、Last.fmなどオンラインサイトでの音楽を完全に録音できる

•内蔵デバイス入力の音源を録音可能

•音楽タグエディタが搭載され、アーティスト、アルバム名、種類などを自由に編集する

• 自動的に音楽タグと音楽録音を管理する

trial-win-jp       trial-mac-jp

下記はMusic RecorderでYouTubeからiTunesに音楽変換とダウンロードする方法を紹介します。

 

ステップ1:まず、ソフトを起動して、画面の左下に「音源選択」モジュールを選んでください。また、YouTubeからの音楽を録音したい場合、そのボタンをクリックして、スピーカーの音声を録音します。

 

2.2

ステップ2:ステップ2:ソフト画面の「録音」モジュールを選択して、その赤丸いアイコンをクリックして、音楽録音が始まります。ちなみに、「ライブラリ」のモジュールを選択して、画面の左半分でライブラリを開いて、レコード時間を管理する可能です。

2.3

 

一つ便利な機能があります。このソフトでは、音楽タグを自動的に探して、ダウンロードして、録音した音楽ファイルに再取得できます。手動に音楽タグを取得もできます。また、「ライブラリ」のモジュールで、全部の録音したファイルを管理することも可能です。そうすると、一つ録音したファイルを右クリックして、「タグ編集」をクリックすれば、音楽の編集を本格的にします。Music Recorderでは、出力した音楽ファイルはMP3のフォーマットを選択でき、だから、iTunesに入力した後再生できます。良い音楽変換ソフトとして、YouTubeからiTunesに音楽を手軽に取得します。