「助けて!私はKodak Easyshare Z1085を使用していて、約12000 kbpsのデータレートと毎秒30フレームのフレームレート及び、128 kbpsのモノラルと16 kHzのサンプルのオーディオの1280 x 720であるHDビデオを撮影しています。カメラは、Quicktime. mov形式でビデオを保存します。今、私はこれらのファイルからホームムービーを作成する必要がありますが、派手な効果は必要ありません。主たる要件は、ビデオの品質が損なわれることはありません。試したすべての現状から、ずっと再エンコードを行って、品質を低下させてしまうように見えます。ビデオ品質を損なうことなく、ブルーレイディスクまたはISOに書き込むことができる映画に私の生のビデオを結合したいと思います。もし助言および提案があれば、幸いのことです。よろしくお願いします!」―オンラインユーザーから

MOVは1つまたは複数のトラックを含むQuickTimeフレームワーク内のマルチメディアファイルで動作するように、Apple Computerによって作成されたファイル拡張子です。その中、トラックのそれぞれがデータの特定のタイプ(オーディオ、ビデオ、またはテキスト(字幕用など))を格納します。ブルーレイまたはブルーレイディスク(BD)は、数時間のビデオ高精細(720pと1080p)と超高精細(2016P)を格納することができるデジタル光ディスクのデータストレージ形式です。

burn mov to blu-ray

MOVをBlu-rayに書き込む理由

MOVファイルはかなり頻繁にウェブで現れるが、WindowsコンピュータでMOVファイルを再生する場合は、余分なコンポーネントをインストールするか、MOVを別の形式に変換する必要があります。これ及びBlu-rayの高解像度を踏まえて、かなりのユーザーが自分のコンピュータやiPhoneのようなiOSデバイスからMOVをBlu-rayに書き込むことが好みます。その場合、ユーザーはより大画面のテレビでより良い、より素敵な視覚体験を持つことができます。より素晴らしくないではないでしょうか?もちろん、上記のケースで述べたように、なぜMOVをBlu-rayに書き込む必要があるかは他の理由があります。だからここに問題となるのは、どのように簡単にMOVをBlu-rayに書き込むことができるということです。

簡単にMOVをBlu-rayに書き込む複数のソリューション

手元でプロのMOVからBlu-rayへ変換ソフトを持っている限り、それがMOVをBlu-rayに書き込むことはかなり簡単に見つけることができます。ここでは、オススメから最もオススメのものまで、ご参考までに3つの異なる変換ツールをリストします。

1. Leawo Blu-ray作成(オススメ)

このLeawo Blu-ray作成は確かに簡単にMOVをBlu-rayに書き込むための最良のものです。それを使用すると、は、MOVからBlu-rayをABCほど簡単に作ることができます。さらに、このソフトウェアは、広範囲の互換性を持っています。事実によって証明されるように、それは180以上のビデオ/オーディオフォーマットをサポートすることができます。見ての通り、これは実際に複数の機能を1つに統合するオールインワン変換ツールです。そして、その2D-to-3D機能とディスク・メニュー・テンプレートはそれを確実に抜きん出させます。簡単に言えば、このプロのLeawo Blu-ray作成はその編集機能のおかげで、自分の好みに合わせてMOV動画をパーソナライズすることを可能にします。つまり.movファイルに対しては、トリミング、クロップ、3D効果、透かしなどを自由に追加することを意味します。何よりも、書き込み済のBlu-rayに希望のディスクメニューを設定することができます。また、好きなように、いずれかを完全にカスタマイズすることもできます。

   

今、それはあまりにも洗練されているので、そのユーザーインターフェイスに混乱する可能性があることを心配していますか?全く必要ありません!MOVをBlu-rayに書き込むには、以下の簡単の手順を参照してください!

ガイドに従い、Leawo Blu-ray作成を使う

ステップ1.コンピュータでインストールされているソフトウェアを開いた後、トップパネルのBlu-ray作成または「書き込み」オプションを選択します。

ステップ2.「ビデオを追加」オプションをクリックしてソースMOVビデオをロードするか、または希望のビデオを直接メインインターフェイスにドラッグします。

burn mov to blu-ray

ステップ3.今、希望のビデオの右上隅に鉛筆の形のアイコンをクリックして、トリム、切り抜き、透かし追加や3D効果など、好きなようにそれを編集することができます。その後、「OK」オプションを押して設定を保存します。

burn mov to blu-ray

ステップ4.今、好きなように1つを設定するには、ディスクメニューのセクションのメインインターフェイスに遷移することができます。ここでは、内蔵のライブラリから1つを選択して、オンラインセクションから1つをダウンロードするか、カスタムタブの下にパーソナライズされたものを選択することができます。

burn mov to blu-ray

注意:見れば分かる通り、このLeawo製品はオンラインタブから1つをダウンロードするなど、3つの異なるテンプレートを提供しています。それは2番目のプログラムであるCloneBD Blu-ray Creatorでサポートすることはできません。

ステップ5.ディスクメニューを決定したら、鉛筆の形や目の形のアイコンを押すことによって、プレビューするか、特定の調整を行うことができます。

burn mov to blu-ray

ステップ6.今、緑色の「書き込み」アイコンをクリックしてプロセスを続けることができます。次に、出力先を設定して、下の「書き込み」アイコンをクリックして書き込みプロセスを開始します。

burn mov to blu-ray

少しの間に、MOVファイルが正常にBlu-rayに書き込まれます。

2. CloneBD Blu-ray Creator(2番目のオススメ)

burn mov to blu-ray

このソフトウェアは、ユーザーがビデオカメラのビデオや他のフォーマットのビデオをブルーレイディスクに書き込むことを可能にするプロのソフトウェアです。これは簡単に、コピーの暗号化をバイパスしたり、ディスクイメージを抽出したりすることができます。しかし、それはカスタマイズと圧縮のオプションを欠いているので、Blu-rayを圧縮して小さな容量のディスクやDVDに収まることはできません。それはなぜ多くのユーザーが CloneBD Blu-ray Creatorに代わるものを探している主な理由です。

3. Cyberlink Power2Go(3番目のオススメ)

burn mov to blu-ray

これは、ユーザーがBlu-ray映画やビデオを書き込むことを可能にする、光ディスクユーティリティア・プリケーションです。そして、正直に言えば、このプログラム内で最も優れた機能は、その直感的なユーザーインターフェイスそのものです。しかし、それはファイルをDVDに書き込む面から、そんなに機能性がありません。そして復号化と圧縮能力を欠いているので、すぐにその注意し難い強さを覆い隠します。

結語:

どうやら、他の2つの作成ソフト、即ち、Cyberlink Power2GoとCloneBD Blu-ray Creatorは、カスタマイズや圧縮機能を提供することができないと比較して、このLeawo Blu-ray作成はソースMOVとターゲットBlu-rayファイルをカスタマイズすることに加えて、任意の品質のデータ損失をもたらすことなく、MOVをBlu-rayに書き込む点から見れば、はるかに専門的且つ機能性があります。MOVをBlu-rayに正常に書き込むための簡単な方法を探しているなら、今まで何のためにまだ躊躇しています?是非この本格的なLeawo Blu-ray作成を入手して試してみてください!