今日の記事主は以下のカタログを紹介したいです。

MKVとは

.mkvとは、オープンソースの動画ファイル圧縮形式「Matroska Video」で保存されたファイルに付く拡張子のことである。様々な映像や音声や字幕や画像などのコーデックを組み合わせ、一つの動画ファイルにすることができるコンテナファイルとも呼ばれる。MKV動画ファイルは長時間のビデオを小さく圧縮できたり、ビデオ・オーディオの品質を保てたり、チャプター又は字幕を付けたりできるなどという多彩なメリットを持っているので、動画サイトなどで広く使われている。
Matroskaは「.avi」や「.ogm」などの形式にあった問題点をカバーするために開発された形式であるといえる。.mkvファイルを再生するには、DivXやXviDなどのビデオコーデックに加えて「Matroska Playback Pack」をインストールする必要がある。

convert mkv to iso

MKVを変換する理由

しかし、その他の人たちにとっては、MKVファイルを使用する時の大きな問題は彼らを悩ませています。そして、MKVを代替するものを探す必要があります。まず、MKVを変換することが必要になる場合を見てみましょう。

– MKVファイル形式に対応していないメディアプレーヤーを使用している時、K-Liteコーデックパックなどの汎用コーデックが必要です。つまり、MKV形式の動画を再生する前に、コーデックパックをダウンロードする必要があります。ネットワークが接続されていない時に、これはかなり面倒なことです。

– MKVは、オンラインメディアストリーミングであまり使用されていません。

– 他の動画形式と比べると、MKV形式はまだ大部分のモバイルデバイスやコンピュータに対応されていません。

– MKVファイルはちょっと重すぎて、いつもスムーズに再生することができません。

これらのデメリットを回避するためのソリューションがいくつかあります。例えば、ISOファイル形式はデータやヘッダ情報を含むすべてのデータをそのままにコピーできるので、MKVをISOに変換するという方法はその一つです。さらに、ストレージや再生のために、ISOファイルをディスクに焼き付けることができます。これはムービーとビデオコレクターにとって素晴らしいものと思います。好きなビデオを見たいときはいつでもDVD/CDプレーヤーまたはディスクドライブ搭載のコンピュータでISOファイルを再生することができます。

この辺で、あなたはきっと、友人や家族と一緒に過ごした忘れられない日々を記録したMKVファイルをISOに変換し、愛する人といつでもどこでも幸せな瞬間を振り返ることを待ちきれないでしょう。では、以下の内容はMKVファイルをISOに変換するためのチュートリアルです。

ユーザーガイド:MKVをISOに変換する方法

MKVをISOに変換するには、プロの変換ソフトがけっして不可欠です。そして、は、以下に挙げられているメリットのように、「Leawo DVD作成」 はソフトマーケットの中でも目立っているものです。

dvd-creator

Leawo DVD 作成

☉ 品質の損失なしにMP4、AVI、MKVのようなすべてのビデオファイルをDVDに作成可能

☉ DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RW全てのDVDメディアに対応

☉ 複数のメニューテンプレートとカスタムデザインが搭載

☉ ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応

無料体験 無料体験

1.この全機能のソフトを使用して、品質を失うことなく、簡単にMKVをISOに変換できます。
2. MKVをISOに変換するだけでなく、このソフトウェアは180種類以上のオーディオおよびビデオ形式に対応することができます。
3.このソフトウェアに搭載された編集機能で、必要に応じて動画ファイルをトリミングしたり、透かしを追加したりして動画編集を行うことができます。最も大切なのは、このソフトウェアで通常の2Dビデオファイルに3D効果を追加することができるのです。赤/シアン、赤/緑、赤/青、青/黄などの3D効果が対応されています。
4.ディスクメニューのテンプレートを使用して、お好みに合わせて「ホリデー」、「ビジネス」、「教育」などのスタイルのメニューが使用できます。さらに、そのテンプレートに基づいて自分で調整し、自分なりのISOファイルをカスタマイズすることができます。

上記に挙げたのは一部の例だけです。全体的に言うと、この全機能の「Leawo DVD作成」は、MKVをISOに変換するのに必要なものです。

そして、操作手順は以下のようです。

ステップ1.コンピュータにインストールされているソフトウェアを起動して、上部パネルにある「書き込み」オプションをクリックしてプロセスを続行します。次に、「ビデオを追加」オプションを押してMKVビデオを追加するか、または変換したいファイルをメイン画面に直接ドラッグしてください。

convert mkv to iso

ステップ2.ソースファイルが読み込まれた後、ビデオタイトルの右上隅にある鉛筆のようなアイコンをクリックして、トリミング、クロップ、透かし追加、3D効果追加などの調整をすることができます。調整した後、「OK」オプションを押して設定を保存します。

convert mkv to iso

ステップ3.それから、ディスクメニューを設定します。この手順では、ビルトインライブラリから選択する、オンラインからダウンロードする、カスタムセクションで自分で設計という3つのオプションが提供されています。

convert mkv to iso

ステップ4.自分の好みに合わせて選択したディスクメニューテンプレートを調整することもできます。あなたがする必要があるのは、鉛筆のようなアイコンを押して設定を変更することだけです。また、目のように見えたアイコンを押して調整したメニューをプレビューすることもできます。

convert mkv to iso

ステップ5.最後に、緑色の「書き込み」アイコンを押し、出力先を指定し、ISOファイルボックスにチェックを入れてから、再び「書き込み」アイコンをクリックしてすれば、変換処理が開始します。

convert mkv to iso

変換プロセスが早いうちに完成できるので、少し待ってください。そして、MKVが成功にISOファイルに変換されます。

まとめ

確かに、Zamzarのようなオンラインコンバータ、または「iSkysoft DVD 作成」のようなサードパーティ製のプログラムなど、MKVをISOに変換するソリューションはたくさんあります。とにかく、これらのツールは成功にMKVムービーをISOファイルに書き込むことができるが、やり方はちょっと面倒で完璧な解決策ではないにちがいありません。たとえば、オンラインコンバータのZamzarは、ネットワーク状態が悪いときにMKVをスムーズに変換できません。さらに、ほとんどのオンラインコンバーターは、ソフトウェアほどたくさんの動画形式に対応していません。「iSkysoft DVD 作成」はサードパーティ製のソフトウェアですが、「Leawo DVD作成」のように180以上の形式に対応していません。その他、機能がそれほど完全ではないので、ファイルを編集してディスクメニューを自由に設定することができません。すべての要素を総合的に考えると、「Leawo DVD作成」は最も素晴しいツールで、目を向けるかいがあると思います。