Makemkvは高品質を保つ前提でMacでブルーレイをフリーリッピングできる素晴らしいプログラムです。現在ベータ版として無料で試用できて、公式バージョンはいつ頒布されるのか、まだわかりません。Makemkvの主な役割はブルーレイディスクをリッピングすることです。このソフトはブルーレイとDVDディスクをリッピングでき、またそれらをMKV形式のビデオに変換できます。

MakeMKVを利用して、Macでブルーレイをリッピングする注意点

Makemkvを利用して、Macでブルーレイをリッピングする前に、下記のことを注意しなければなりません。

第一に、Makemkvを利用してブルーレイディスクをリッピングすることによって得たMKVビデオは殆ど圧縮されなくて、サイズが大きいです。ディスクの映画からリッピングされたMKVビデオのサイズは大体30-40GBです。Mac向けのサードパーティービデオプレイヤーを使ってビデオを再生できますが、ストレージスペースを節約するために、MKVビデオをサイズが比較的に小さいビデオに変換した方がいいです。

第二に、Makemkv自身はビデオを変換できません。ブルーレイディスクをMKVビデオにリッピングした後、そのMKVビデオを他のフォーマットに変換したいなら、Mac向けのビデオ変換ソフトが必要です。

第三に、ブルーレイディスクは光学ドライブに読まれることを確保してください。

最後に、ブルーレイディスクをリッピングするのは大変時間がかかって、リッピング時間はディスクコンテンツの観賞時間とほぼ同じです。例えば、2時間の映画をリッピングするには、2時間がかかります。

Mac向けのMakemkvでブルーレイをMKVにリッピングする方法

このパートでは、Makemkvを利用して、Macでブルーレイをmkvにリッピングするプロセスをご案内します。操作方法はごく簡単で、下記の手順に従えば、あっという間にブルーレイをmkvにリッピングできます。

リッピングしたいブルーレイディスクをブルーレイドライブに挿入して、MacでのMakeMKVを立ち上げてください。

インターフェースで大きなブルーレイドライブアイコンが現れたら、MakeMKVがディスクを検出したことを意味します。そのアイコンをクリックすると、MakeMKVはディスクをスキャンし始めて、ディスクのコンテンツがインターフェースに現れます。

MakeMKV Rip Blu-ray to MKV

タイトルの左側の三角形をクリックし、ビデオの各パートを逐次にチェックし、必要な部分を選択できます。出力ビデオに保存したいオーディオトラックと字幕も選択できます。

ご注意:ブルーレイディスクの各パートは単独のビデオに変換されます。一つのビデオに合併されません。

リッピングしたいディスク部分とキープしたいオーディオトラックと字幕を選択した後、次は出力ビデオを格納する出力フォルダを設定すべきです。出力フォルダボックスの隣のフォルダをクリックし、出力フォルダを設定してください。

ブルーレイディスクをリッピングするには、出力フォルダ設定の右側のMakeMKVボタンをクリックしてください。

リッピングプロセスが終ってから、サイズが大きいMKVビデオはハードドライブに保存されます。ハードドライブのストレージスペースを多く占めても構わないと思われる方はMKVビデオをそのままに放っておいて、VLC或いはPLEX等のサードパーティープレーヤーを利用して観賞すればいいです。Macでできるだけ多くのブルーレイ映画を格納したい方は、ビデオを変換&圧縮した方がいいです。具体的にはパート3をご参照ください。

MakeMKV経由で入手したMKVビデオを圧縮する方法

このパートで使用するビデオ圧縮ソフトはLeawo HD動画変換プロfor Macです。このソフトはロスレス品質でMKVビデオを他のフォーマットに変換し、圧縮できます。使い方はごく簡単で、初心者でもMacでビデオを圧縮できます。

   

Leawo HD動画変換プロはLeawo Prof. Mediaというソフトウェアパッケージに統合されています。

1.MacにLeawo Prof. Mediaをインストールして、立ち上げてください。インターフェースの「HD動画変換プロ」をクリックすると、Leawo HD動画変換プロが起動されます。

Compress MKV on Mac

2.MKVビデオをインポートするには二つの方法があります。一つはドラッグ&ドロップです。MKVビデオをインターフェースにドラッグ&ドロップすると、MKVビデオはロードされます。「ビデオを追加」ボタンをクリックするのもMKVビデオをインポートできます。

Compress MKV on Mac

3.MKVビデオに他のフォーマットを選択するには、「変換」ボタンの左側の「MP4 Video」をクリックしてください。三つのサブメニューから「変更」をクリックすると、「プロファイル」ページにアクセスできます。このページでは、いろいろな出力形式が提供されています。それに、具体的なデバイス(例えば、スマートフォン)、具体的なブランド(例えば、HTC、Sony、Apple等)向けの出力形式を選択できます。様々なデバイスで便利に再生できる普通のビデオフォーマット(例えば、MP4)も指定できます。必要なフォーマットをクリックすると、デフォルト出力形式に設定されます。

choose-MOV-as-output-format-2

ご注意:一部のフォーマットは他のフォーマットより圧縮されやすいです。例えば、同じ品質を持つ二つのビデオがあったら、MP4形式のビデオはAVI形式より圧縮されやすいです。そのため、出力形式を指定する時、AVI等のフォーマットを避けた方がいいです。

4.MKVビデオを圧縮する時、ビデオとオーディオのパラメーターを調整するのも重要です。MakeMKVを利用して、ブルーレイをリッピングすることによって得たMKVビデオはHD(1080p)解像度です。現在、高解像度ディスプレイを持つデバイスはますます多くなってきたので、このパラメーターをこのまま保留してもいいです。ビデオのサイズを小さくしたい場合、解像度を720pにダウングレードしてください。小さいスクリーンのスマートフォンでは、このようなダウングレードはそれほど差異が出ません。出力ビデオのサイズを小さくするには、ほかのパラメーターを設定してもいいです。例えば、ビットレート、フレームレート等のビデオパラメーター、及びビットレート、サンプルレート等のオーディオパラメーターを変更すること。

Set-Parameters-3

パラメーターを変更するには、「変換」ボタンの左側の「MP4 Video」をクリックし、サブメニューから「編集」ボタンをクリックしてください。

5.MKVビデオを圧縮完了するまで後ワンステップです。青い「変換」ボタンをクリックすると、右側からサイドバーが現れます。ここで保存先を設定できます。保存先の「…」ボタンをクリックし、出力フォルダを指定してください。最後に、下記の「変換」ボタンをクリックし、MKVビデオを圧縮し始めてください。

Set-Directory-for-the-Output-MOV files-4

MakeMKVを利用してMacでブルーレイをMKVにリッピングする方法、及び、MKVビデオをサイズが小さいほかの形式に変換する方法をご案内しました。併せてMakemkv、及びLeawo HD動画変換プロという二つのプログラムが必要です。実はもっと簡単な方法もあります。Leawo Blu-ray変換は上記の二つのソフトの役割を一括して果たせます。このプログラムはブルーレイコレクションをリッピングし、ほかのフォーマットに変換できます。ブルーレイコレクションをリッピングするプロセスを簡単にしたいなら、Leawo Blu-ray変換をご利用ください。