MakeMKVは有名なブルーレイ/DVDリッピングプログラムです。有名になる原因の一つは正式版がなく、ベータ版しかないと冗談を言う方もいますが、MakeMKVがほかのBlu-Rayリッピングソフトより優れた真の原因はその出力ビデオ品質です。出力ファイルのサイズ(30-40GB)からでも判断できるように、MakeMKVが出力するMKVファイルの品質はオリジナルのブルーレイ/DVDとそっくりです。出力ビデオの品質を確保できますが、MakeMKVにも欠点があります。例えば、出力ビデオのサイズが大きいとか、MKVの出力形式しかサポートできないとか。それにもかかわらず、ブルーレイをリッピングするには、MakeMKVは試す価値があるブルーレイリッピングソフトです。

興味がある方に、MakeMKVでブルーレイをMKVにリッピングする方法をご案内します。

MakeMKVでブルーレイをMKVにリッピングする方法

リッピングする前に、下記のことを準備しておいてください。

  • 1. ブルーレイディスクは光学ドライブに読み込まれることを確保してください。
  • 2. MakeMKVをコンピューターにインストールしてください。
  • 3. リッピングしたいブルーレイディスクをブルーレイドライブに挿入しておいてください。

上記の手順が終わってから、ブルーレイリッピングプロセスを開始できます。

1. MakeMKVを起動すると、MakeMKVは自動的にドライブにあるブルーレイディスクを検出し始めます。

2. 光学ドライブからブルーレイディスクを検出した後、インターフェースの真ん中に大きな「ブルーレイドライブ」アイコンが現れます。そのアイコンをクリックすると、プログラムはディスクのタイトルをロードし始めます。

3. ブルーレイディスクは成功にロードされた後、インターフェースの左上に「タイトル」のドロップダウンメニューが現れます。それをクリックすると、ディスクの字幕、オーディオトラック、タイトル等のコンテンツをチェックできます。

4.リッピングしたいディスクコンテンツを選択した後、出力ファイルの保存先を設定する必要があります。「タイトル」のドロップダウンメニューの右側の出力先ボックスの隣のアイコンをクリックして、新たな保存先を選択してください。

5. 出力先の隣の「MakeMKV」ボタンをクリックし、ブルーレイをMKVにリッピングし始めてください。前のステップで複数のタイトルを選択した場合、選択されたすべてのタイトルは一つのビデオファイルに融合されます。

ディスクをリッピングするには時間がかかります。普通に言えば、BD50ディスクをリッピングするには一時間や二時間ぐらいかかります。リッピングするコンテンツは多ければ多いほど、時間がかかります。

MakeMKv rip Blu-ray

MakeMKVの代替案でブルーレイをMKVにリッピングする方法

たとえ2TBの外付けハードドライブを持つユーザーにとっても、30GBの映画ファイルを格納するのは大変です。一つや二つの大好きな映画をリッピングするのはまだまだ問題ないですが、大量のブルーレイディスクをリッピング或いはバックアップしたいなら、MakeMKVは不向きです。まず、大量のディスクをリッピングには、ものすごく時間がかかります。それに、出力ファイルのサイズが大きすぎて、ハードドライブの多くのストレージスペースを占めます。高品質で、サイズが小さいMKVファイルを出力できるブルーレイリッピングソフトがないかな。実はあります。その名はLeawo Blu-ray変換です。このプログラムはブルーレイをリッピングできて、そして様々な流行ビデオフォーマットに変換できます。MakeMKVと比べると、Leawo Blu-ray変換が出力するファイルは高品質を保つ上に、サイズも小さいです。なかなか素敵なプログラムでしょう。下記にはLeawo Blu-ray変換を利用して、ブルーレイをMKVにリッピングする方法をご案内します。

   

ご注意:Leawo Blu-ray変換はLeawo Prof. Mediaというパッケージソフトに組み込まれています。そのため、このプログラムをコンピューターにダウンロード&インストールすると、Leawo Prof. Mediaの形でインストールされます。

ステップ 1.Leawo Prof. Mediaのアイコンをダブルクリックし、開いてください。Prof. MediaのインターフェースにあるBlu-ray変換のショートカットをクリックすると、Leawo Blu-ray変換が起動されます。

Load Blu-ray ripper

ステップ 2. ディスクをインポートするには二つの方法があります。一つはブルーレイコンテンツを真ん中にドラッグ&ドロップすることです。もう一つは「ビデオを追加」ボタン(インターフェースの右上)の隣の「BD/DVDを追加」ボタンをクリックし、またそのサブメニューの「ディスクを追加」をクリックすると、ディスクが現れます。それからディスクをクリックし、コンテンツをプログラムにロードしてください。

Load Blu-ray Disc

ステップ 3. 次のインターフェースの左上に三つのボタンがあります。「フルムービー」、「メインムービー」、「カスタムモード」です。必要に応じてムードを選択して、ディスクの特定の部分をプログラムにインポートしてください。「フルムービー」では、すべてのコンテンツをプログラムにインポートできます。「メインムービー」では、メイン部分(つまり、映画そのもの)をインポートできます。「カスタムモード」では、ユーザーは自由に必要なタイトルを選択できます。「カスタムモード」を選択する場合に、下記のボタンの下のタイトルリストからタイトルを選択できます。タイトルの具体的な内容を知りたい場合に、右側のプレビューウィンドウでビデオをプレビューできます。確認してから、「OK」をクリックしてください。

Select disc title

ステップ 4. 右上の「変換」ボタン(ステップ6で使う)の隣の「MP4 Video」ボタンをクリックし、そのサブメニューから「変更」ボタンをクリックすると、フォーマットを選択できる「プロファイル」ページにアクセスできます。「フォーマット別」でMKVをクリックして、ブルーレイ映画のフォーマット出力形式に設定してください。MKV形式オプションをクリックすると、ビデオリストに戻れます。

ステップ 5. すべてのビデオの右側に字幕とオーディオトラックのオプションがあります。それぞれのドロップダウンメニューをクリックすれば、必要な字幕とオーディオトラックを選択できます。現時点には、一つのファイルに一つの字幕と一つのオーディオトラックしか選べませんが、近々リリースされるLeawo Blu-ray変換の最新バージョンでは、出力ファイルに複数のオーディオトラックと字幕トラックを選択できます。

Choose subtitles and audio tracks

ステップ 6. 先述の「変換」ボタンをクリックすると、左側からサイドバーが現れます。そのサイドバーで出力のMKVビデオの保存先を設定できます。設定終ってから、「変換」ボタンをクリックすると、ブルーレイをMKVにリッピングするプロセスが始まります。

Set output path and start to rip

それに、MakeMKVと比べると、Leawo Blu-ray変換は幅広い形式のファイルを出力できます。例えば、ブルーレイをMP4にリッピングできて、スマートフォンなどの携帯機器でも簡単に映画を観賞できます。