iPhoneに搭載したカメラはスマートフォンの中で最高のカメラであるため、カメラはiPhoneの大きなセールスポイントになっています。しかし、最近スマートフォンの市場が急速に発展している中で、サムスンのようなスマートフォンメーカーは写真撮影の分野でiPhoneを上回っているように見えます。それにしても、ビデオ撮影に関しては、iPhoneで撮ったビデオがよりクリアで、安定して滑らかであるので、iPhoneはあいかわらず最高なのです。ですから、ビデオを撮るのが大好きな方は、iPhoneを使うのを躊躇わないでください。

iPhoneでビデオを撮影するのは便利ですが、ビデオ愛好者にとって、iPhoneでビデオを撮影することを制限する唯一の原因がiPhoneの記憶容量が足りないのです。特に16GBのバリエーションのiPhoneはなおさら容量不足になります。さらに、Apple者は拡張可能なストレージを提供していないので、大きなビデオを保存するためにできることは限られています。特にビデオをPCに転送する代わりに、iPhoneに保存したい時は困ります。この問題を解決するために唯一の方法は、iPhoneに保存されている動画を圧縮して、新しいビデオにスペースをあけるのです。

iPhone動画を圧縮すれば、iPhoneに新しい動画保存用の容量が増え、古い動画も端末に保存することができます。これを実現するには、ビデオを高品質に保つままにより小さなサイズに圧縮することができる動画変換ソフトが必要になります。iPhone動画の圧縮方法については、以下の内容をご覧ください。

iPhone動画をコンピュータに転送する方法

iPhone動画を圧縮する前に、その動画をiPhoneからコンピュータに転送しなければなりません。iPhoneとPC間でデータを転送できる素晴らしいプソフトがあります。

「Leawo iTransfer」 という実用的なデータ転送ソフトを使えば、iOSデバイスユーザーがiOSデバイスとPC間で簡単にデータを転送することができます。

itransfer

Leawo iTransfer

☉ iPhoneデータ移行ソフト。iPhone, iPad, iPod, iTunesとコンピュータの間で、ミュージック、ビデオと写真などを転送

☉ 最新のiPhone 6、iPhone 6 Plus、iPad Air 2とiPad mini 3に対応、iOS 10でスムーズに実行できる

☉ iTunesと同期しなく、データーの紛失は心配なし

無料体験 無料体験

Leawo iTranserを使用してiPhone動画をPCに転送する方法は次のとおりです。

手順1:iOSデバイスをコンピュータに接続する

Leawo iTransferをインターネットで検索し、ダウンロードしてください。ソフトを開いて、USBケーブルでiOSデバイスをコンピュータに接続すると、ソフトはデバイスを認識します。そうしない場合は、ソフトを再起動してください。

手順2:転送したい動画を選択

左上に表示されているiPhoneのアイコンをクリックして、デバイスにあるライブラリを確認してください。そして、「カメラ」をクリックしてiPhoneに保存してあるすべてのビデオと写真を確認してください。

手順3:転送開始

コンピュータに転送して圧縮したい動画を選択してから、右下にある「転送」ボタンをクリックします。ポップアップウィンドウで、ビデオの保存先を設定した後、「今すぐ転送」をクリックすればビデオがPCに転送されます。

iPhone動画を圧縮する方法

iPhone動画をコンピュータに転送したら、iPhone動画の圧縮タスクが進められます。「Leawo HD動画変換プロ」 は、あらゆる汎用形式の動画を変換し、高品質で動画を圧縮することができる強力な動画変換ソフトです。

trial-win-jp trial-mac-jp

手順1:iPhone動画を追加

Leawo HD動画変換プロをダウンロードしてみれば、この動画圧縮ソフトがProf.Mediaというソフトウェアスイート に統合されているはずです。このソフトウェアスイート を開いて「動画変換」をクリックして、動画変換モジュールを起動します。圧縮したい動画を直接に画面にドラッグするか、サブメニューバーの「ビデオを追加」ボタンをクリックして、iPhone動画をプログラムに追加します。

手順2:出力形式を選択

iPhoneは特定のビデオフォーマットにしか対応していないので、圧縮した後の動画をiPhoneで再生できるようにするには、MP4を規定の出力形式に選択するのがおすすめです。「変換」ボタンの左側にあるボタンをクリックすると、ドロップボックスが呼び出されます。中央にある「変更」ボタンをクリックして「プロファイル」ページに入ります。ここで「フォーマット」>「一般動画」に移動し、「MP4ビデオ」を選択します。あるいは、隣の「デバイス」>「Apple」に移動して、お使いのデバイスにあたるプリセットしたプロファイルを選択してください。

手順3:パラメータを変更してビデオを圧縮

iPhone動画を圧縮するには、一番重要なステップは、動画のパラメータを調整することです。上記のドロップダウンメニューで、左側の「編集」ボタンをクリックして「プロファイル設定」ページに入ります。ここで、オーディオとビデオのパラメータを調整できます。出力ビデオのサイズを小さくするには、ビットレート、解像度、フレームレートなどのビデオパラメータと、サンプルレートやビットレートなどのオーディオパラメータの値を変更する必要があります。

手順4:iPhone動画の圧縮を開始

パラメータの設定が完了したら、ソフトのメイン画面に戻ります。緑色の変換ボタンをクリックすると、サイドバーが表示されます。そのサイドバーで出力ファイルの保存先を設定した後、下部にある変換ボタンをクリックすれば、iPhone動画の圧縮が始めます。

iPhone動画の圧縮処理が完了したら、iTranserを使って圧縮されたiPhone動画をiPhoneに転送することができます。

上記に紹介したやり方は確かにiPhone動画を圧縮する効率的な方法です。Leawo iTransferとLeawo HD動画変換プロは、iOSデバイス間でファイルを転送したり、ビデオを編集したり、ファイルを変換したりするなど、多くの便利な機能を備えているので、お勧めします。Leawo社のソフトが一番褒められているところは、すべてのツールが簡素化されたプログラム画面を備えており、どんな操作も効率的に完成できることです。