本記事は下記のことをご案内します。

1. Miracastとは?

Miracast(ミラキャスト)とは、無線通信によるデバイル(ノートパソコン、タブレット、スマートフォン等)からディスプレイ(テレビ、モニター、プロジェクター等)に伝送する技術です。デバイルとディスプレイの間を接続するケーブルの代わりに用いれていて、「Wi-Fiで使用するHDMI」と言ってもいいでしょう。

miracast iphone and alternatives

2012年、Wi-Fi Alliance®は、Wi-Fi CERTIFIED Miracast™認定プログラムを開始したことを発表しました。ミラーリング技術のおかげで、あらゆるメーカー製品の認定デバイス間で連結をとれます。要するに、Wi-Fiがなくても、USBがなくても、アダプタがなくても、スマートフォンの内容をテレビに映り出せます。文字通りで、無線操作です。

miracast iphone and alternatives

ご自宅では、Miracast経由で大画面スクリーンで動画、写真、アプリケーションを楽しめるようになります。仕事場では、会議主催者はリアルタイムでパソコンスクリーンをシェアできます。Miracast接続はP2P技術を採用したため、ネット接続は不必要なので、個人情報漏れのリスクはありません。

2. iPhoneでMiracast機能を利用する方法

iPhoneでMiracastを利用するのも可能でしょうか。残念なことに、アップルのOS XもiOSもMiracastを対応できません。その代わりに、アップルは独自のAirPlay(エアプレイ)技術を開発しました。この技術はiPhoneのコンテンツをApple TVにミラーリングできます。方法はこちらです。

1. デバイスとApple TVを同じネットワークに接続してください。

2. iPhone或いはiPadの下からスワイプアップして、アクセスセンターにアクセスしてください。

miracast iphone and alternatives

3. AirPlayミラーリングアイコンをタップして、出てきたリストからテレビを選択してください。

miracast iphone and alternatives

4. Airplayパスワードを入力。テレビのアスペクト比を調整して、全画面で表示してください。

miracast iphone and alternatives

Apple TVがない時、どうしますか。こういう場合、いくつかのオプションがあります。下記には、iPhoneをほかのスマートテレビにミラーリングする方法をご案内します。

1. AirServer

AirServerは簡単にアップルデバイスを大画面スクリーンにミラーリングできる高効率アプリです。操作方法は以下のようです。

1. AirServerをダウンロードして、スマートテレビにインストールしてください。

2. 上記で紹介したように、下からスワイプアップして、アクセスセンターにアクセスして、AirPlayミラーリングアイコンを見つけ出してください。

miracast iphone and alternatives

3. AirPlayアイコンをタップして、AirServerがインストールされたスマートテレビを選択してください。

miracast iphone and alternatives

4. こうして、スクリーンはテレビで現れます。他のデイバス(例えば、ノートパソコン、Mac)にもミラーリングできます。

miracast iphone and alternatives

2. AirBeam TV

AirBeam TVは直ちにアップルデバイスをサムスンスマートテレビに接続できる仕組みです。サムスンが2012年以降作ったテレビでしか使われませんが、良く使えます。複雑な接続条件も要求しないし、リモートでコンテンツを大画面スクリーンでミラーリングできます。手順は下記のようです。

1. 携帯デバイスとサムスンテレビを同じネットワークに接続してください。

2. メニューバーアイコンをクリックし、サブメニューが現れるまで少々お待ちください。

3. TVアイコンはデバイスグループにリストされています。それをタップして接続してください。

miracast iphone and alternatives

こうして、デバイスをテレビに接続できます。

3. Miracastの弱点

Miracast規格もオプションコンポーネントを含みます。例えば、Wireless Multimedia Extensions(WME)。すべての製品はオプションコンポーネントをサポートするというわけではないので、製品に接続する時、トラブルが起こる可能性があります。

例えば、テレビにミラーリングする時、オーバースキャンになります。多くのテレビのデフォルトHDMI入力はオーバースキャンですから。問題を解決するには、手動で拡大或いは縮小するではなく、テレビのオプションメニューにアクセスして、ドットバイドットモードにしてください。アプリ付きのMiracastアダプタ(例えば、Microsoft)は自身のアダプタを通してオーバースキャンを調整できます。

3. AirPlay機能を利用するほかの選択肢

AirPlay機能を有するプレーヤーはほかにもありますか。実はたくさんあります。例えば、Porthole、AirParrot等。

miracast iphone and alternatives

Portholeは同時に複数のAirPlayデバイスとMacスピーカーにストリーミングできるので、ご自宅のどこでも音楽を楽しめます。ワンクリックですべてのオーディオをストリーミングできます。機能豊富で、操作簡単で、数秒の内にセットアップされます。Macの音楽をリモートスピーカーに切り替えるのはワンクリックで充分です。逆にも同じです。Portholeがあれば、複数のAirPlayスピーカー経由で任意のMacデバイスの音楽ファイルを再生できます。優れた技術機能を備えるので、Portholeは同時に複数のスピーカーを利用でき、すべてのオーディオ(音楽ストリーミングと共有プラットフォームを含む)、及びキーボード ショートカット(殆どのデバイスで複数のデバイスとAirPlayをコントロールできる)をサポートします。Portholeの主要目標はSpotify等の音楽配信サービスを簡単にAirPlayすることです。ストリーミングする時でも、Mac OS Xシステムから任意の音楽を再生できます。すべての無線レシーバーとMacは音楽再生を同期できます。また、自由に付加機能を実行できます。例えば、個々のスピーカーのボリュームを調整するとか。キーボードのボリュームキーでAirPlay音量を調整できます。もちろん、ミュートもできます。好きなように出力ファイルをカスタマイズできます。

miracast iphone and alternatives

ミラーリングをベースするストリーミングプラットフォームなので、AirParrotは無線でデジタルメディアファイル或いはスクリーンを複数のマルチメディアレシーバーに転送できます。インストールされた後、AirParrotは自動的にローカルネットワークのレシーバーを検出し始めます。この架け橋を通して、無線で任意のデジタルデバイスのコンテンツを当該メディアレシーバーをサポートするスクリーンに映り出します。プログラムのQuick Connectシステムは自動的にネットワークのコンテンツを検出します。音楽ファイルのほか、AirParrotはビデオ、プレゼンテーション、延いてはスクリーン全体をシェアできます。それに、一度にコンテンツを複数のレシーバー(例えば、Chromecast(クロームキャスト)、Apple TVなど)にミラーリングできます。AirPlayをサポートするすべてのスピーカーで音楽ファイルを共有できます。AirParrotの機能を強化したいなら、Reflectorと併用することをお勧めします。こうして、任意のパソコンとネットに接続するデバイスにシームレスミラーリングできます。

もう一つの選択肢はLeawo Blu-ray Playerです。現在はAirPlay機能を持っていませんが、近い将来に持てるようになります。

   

以上で、Miracastについて、ご案内しました。ミラーリング技術経由で、存分に大画面でコンテンツを楽しんでください。