iPhoneや他のiOSデバイスを持っている方はきっとリカバリモードというものを聞いたことがあるでしょう。iPhoneの使用中に何か不具合が発生しないなら、通常はリカバリモードについて何も知りたくないでしょう。iPhoneがより安定しているとしても、特定の動作環境で動作不能になってしまう可能性があります。だから、リカバリモードというものをもっと知り、どんな状況でそれを使う必要があるかと了解するために、以下の内容を読んでください。

どんな状況でリカバリーモード(DFUモード)を使用する必要がありますか?

iOSのリカバリモードは、何かがあなたのiOSデバイス上のソフトウェアとともに何かのデータが失われてしまったときに復元を強制的に行うモードです。

以下のような状況で、iOSデバイスでリカバリーモード(DFUモード)を使用する必要があります。es.

  • iTunesはお使いのデバイスの認識に失敗したり、デバイスがリカバリモードに入ったと表示する場合。
  • お使いのデバイスはAppleロゴ画面のままに数分間フリーズしてプログレスバーが表示されない場合。
  • iTunesに接続する画面がお使いのデバイスに表示される場合。

従って、リカバリモードを使用する必要があるときは、お使いのiOSデバイスにきっと何か問題が起こったということを意味しています。

iPhone/iPad/iPod Touchリカバリーモード(DFUモード)の入り方

上記のような問題がお使いのiOSデバイスに起こったとすれば、以下はiPhone /iPad/ iPod Touchのリカバリーモード(DFUモード)に入って、お使いのiOSデバイスを復元する方法です。

  • 1. iTunesを最新バージョンに更新します。
  • 2. iOSデバイスをコンピュータに接続して、iTunesを開きます。デバイスを接続する前にiTunesがすでに開いている場合は終了してください。
  • 3. コンピュータにiOSデバイスを接続した後、以下の手順でデバイスを再起動します。
    • <iPhone 6Sおよびそれ以前の機種、iPadとiPod touchの場合>
      電源とホームボタンを同時に押して、リカバリモードの画面が表示されるまで押し続けてください。
    • <iPhone 7とiPhone 7プラスの場合>
      電源ボタンと音量下げボタンを同時に押し続けて、リカバリモードの画面が表示されたら放します。
  • 4.復元と更新オプションを提供する画面がポップアップします。「更新」をクリックすれば、iTunesはデバイス上のデータを消去せずにiOSを再インストールします。それから、iTunesはお使いのデバイスのソフトウェアをダウンロードして起動します。15分間がたってもダウンロードが終わらなくてリカバリモードが解除されてしまう場合は、ダウンロードが完了するまで待って、前の手順を繰り返してください。
  • 5.復元や更新処理が完了すると、デバイスを再設定することができます。

iOSデバイスから消えたデータを復元する方法

リカバリモードでデバイスを復元することにする場合は、お使いのデバイス上のすべてのデータが削除されてしまう可能性があります。この場合で、iPhoneデータ復元ソフトの助けが必要になります。「Leawo iPhone データ復元」 は多機能のiPhoneデータ復旧プログラムで、iPhoneからデータを回復できます。以下のガイドでは、データ復元を行う方法を説明します。このソフトを無料でダウンロードして試すことができます。

Download Windows Version
Download Mac Version



Choose Recover from iOS Device

「iOSデバイスから復元」を選択

Leawo iPhoneデータ復元を実行し、「iOSデバイスから復元」を選択します。

Click Start Button

「開始」ボタンをクリック

USBケーブルでiPhoneをコンピュータに接続します。次に、「開始」ボタンをクリックします。

Select iPhone Photos

iPhoneに保存してある写真を選択

それから、ソフトは接続されたiPhoneを自動的にスキャンします。スキャンが終了したらカメラロールをチェックし、復元したい写真を選択します。その後、「復元」をクリックします。

Choose Target

保存先を選択

ポップアップダイアログで「参照」をクリックして、コンピュータ上のフォルダを選択します。その後、「開始」をクリックすれば、ソフトは壊れたiPhoneから写真を復元し始めます。