メッセージが多すぎてiPhoneのストレージがなくことに悩まされる方は、重要なiPhoneファイルを保存するためのいい方法を探す必要があります。このような状況では、iPhoneからPCにファイルをコピーすることができます。これにより、iPhoneのスペースを空けるだけでなく、iPhoneの情報が偶然に失われるのを防ぐこともできます。本日のガイドでは、iTunesを使うと使わない両方で、iPhoneからPCにファイルを転送する5つの方法を紹介します。

パート 1: iTunesを使用してiPhoneからPCにファイルを転送する方法

iTunesを使ってiPhoneからPCにファイルをどのようにして転送しますか?ご存知のとおり、iTunesはAppleユーザーが音楽を聴き、すばらしいメディアリソースを検索し、iOS情報をバックアップ出来る専用アプリです。iPhoneとPCを接続すると、iPhoneからPCにファイルを転送されます。次に、iTunesを使ってiPhoneからPCにファイルを転送する方法を見てみましょう。

1. PCで最新のiTunesを起動します。「編集」>「環境設定」>「デバイス」>「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない] を選択します。

Prevent iPhones, iPods and iPads from syncing automatically

2. iPhoneをUSBケーブルでPCに接続すると、iTunesは自動的にiPhoneを認識し、iPhoneアイコンを左上に表示します。

3. メニューバー右上の「ファイル」をクリックし、「デバイス」>「iPhone」から「購入した項目を”〇〇”から転送」と選択します。このようにして、購入したすべての項目がPCに転送されます。

Transfer Purchases from iPhone

注: iPhoneからPCに購入した項目を転送する場合にのみ使用できます。購入していない項目を転送する場合は、他の方法を考える必要があります。

パート 2: iPhoneからPCにファイルを直接的にコピーする方法

iTunesを使用せずにiPhoneからPCにファイルを転送する方法はありますか?Windows Explorerを使用して、iPhoneからPCへファイルを移動することはお勧めです。Windows ExplorerはPCにプリインストールされているため、サードパーティのソフトをダウンロードまたはインストールする必要はありません。以下のステップを確認してiPhoneからPCへファイルをコピーする方法を習いましょう。

1. iPhoneとPCをUSBケーブルで接続します。iPhoneには、アクセスの許可を求めするプロンプトが表示されます。許可すると、PCはiPhoneを認識します。

2. Windows Explorer を開き、「iPhone」>「Internal Storage」>「DCIM」の順に進みます。ビデオと写真が画面に表示されます。

3. 「Ctrl+A」ですべての項目、または、「Ctrl」を押しながら転送したい項目を選択し、「Ctrl+C」でコピーします。

4. PCのフォルダを開き、「Ctrl + V」で貼り付けると、iPhoneからPCにファイルがコピーされます。

copy files from iPhone to PC

注: Windows Explorerを使って、写真とビデオのみを転送することが可能です。他のタイプのコンテンツは、Windows Explorerを通して転送できません。

パート3:Leawo iTransferを使ってiPhoneからPCにファイルを転送する方法

iTunesやWindows Explorerと異なり、Leawo iTransferは、iPhone、およびiTunesの写真、ビデオ、連絡先、メモ、ブックマークなどの購入/非購入ファイルと情報を無制限で転送できます。お勧めのiPhoneからPCへのファイル転送ツールを聞かれると、迷わずLeawo iTransferをお勧めします。さらに、Leawo iTransferはファイルを直接管理するシンプルかつ簡潔な画面を備えます。iTunesを使わず、PCからiPhoneにファイルを転送する手順を参照してください。

itransfer

Leawo iTransfer

☉ iPhoneデータ転送ソフト。iPhone、iPad、iPod、iTunesとコンピュータの間で、ミュージック、ビデオと
写真などのファイルを簡単に転送

☉ 最新のiOSデバイスに対応!

☉ iTunesと同期しなく、データーの紛失は心配なし

無料体験 無料体験

1. iPhoneをパソコンに接続する

Connect iPhone to computer

PCでiTransferを起動し、適用なUSBケーブルでiPhoneをPCに接続します。ソフトは自動的にiPhoneを検出します。その後、「iPhone アイコン」>「ライブラリ」>「連絡先」に移行し、iPhoneでの全ての連絡先を確認します。

2. 転送したいファイルを選択する

Choose files to transfer

転送したい連絡先を選択し、「エクスポート」ボタンをクリックします。PC上でエクスポートした連絡先をVCF形式で保管する保管先を選択します。数秒で転送プロセスが終了します。最終的に、iPhoneの連絡先がPC上でアクセス可能になります。

パート 4:iCloudを使ってiPhoneからPCにファイルを移動する方法

iPhoneからPCにファイルを転送するもう一つ方法は、iCloudを介する方法です。iCloudは、写真、連絡先、メール、カレンダーなどのiPhone情報のバックアップに役立ちます。通常、iCloud情報はiPhoneから送信されます。つまり、iPhoneからPCにファイルを転送する場合、iCloudからPCにファイルを転送することと同じです。

1. iPhoneの「設定」アプリを起動して、「Apple ID」をタップして、iCloudに同期したい項目をONにします。Wi-Fiに接続したら、iPhoneのデータが自動的にiCloudにアップロードします。

toggle iCloud Photo Library on

2. パソコンのウェブブラウザーでiCloud.comにアクセスして、Apple IDとパスワードを入力して、サインインします。機能を選択して、対応するアイコンをクリックします。

sign into iCloud.com

3. 「写真」ライブラリにアクセスして、パソコンにバックアップしたい写真、動画を選択して、「ダウンロード」アイコンをクリックして、写真や動画をパソコンにダウンロードします。

download photos from iPhone to PC

パート 5:メールにより無料でiPhoneからPC へファイルをコピーする方法

メール経由で、iPhoneからPCへファイルを転送する方法もあります。あらゆる種類のファイルを電子メールに添付することで、iPhoneからPCにファイルを転送します。iPhoneからPCにメールを通じてファイルを転送する方法を次の手順から学びましょう。ここでは、ご参考までにiPhoneからPCへのブックを転送する方法を紹介します。

1. iphoneでiBooksアプリを開き、同期したい書籍を選択して、右上の「転送」アイコンをタップします。

open iBooks app

2. 「メール」のアイコンをタップして、書籍をメールで転送します。

choose Mail

3. メールの編集画面でメールを編集して、必要な情報、例えばメールアドレスを入力して、「確認」をタップして、メールを送信します。

4. パソコンでメールを受信して、添付ファイルで電子書籍をダウンロードすることができます。