iPadからUSBフラッシュドライブに写真を転送したい場合、方法がよくわからないですが、どうすればよろしいでしょうか。このガイダンスでは、いくつかの助けを提供いたしますから、一読してください。iPadのためのいくつかの最高のUSBメモリを紹介すると同時に、計算されたUSBメモリを接続する方法についても説明いたします。また、iPadからUSBメモリに写真を転送するために、コンピュータ上の1つの専門プロフラムを利用していいです。

パート1.iPad用いくつかの最高のUSBフラッシュドライブを推奨

iPadの収納スペースが不足している場合は、ほかの新しいファイルのためにより多くのスペースを作りたいでしょう。この時、iPadからUSBメモリに写真を転送すればいいです。ここでいくつかのiPadのための最高のUSBメモリを紹介させていただきます。

No.1 Leef iBridge 3

Leef iBridge 3

iPhone・iPadの容量不足を解消!Lightning搭載USBメモリで写真・動画の移動・共有がラクラク!
Leef iBridge 3ができること:
写真・動画・ドキュメントをコピーやシェアして、iPhone・iPadの容量不足をすばやく解消
写真や連絡先を自動バックアップ、大切なデータをしっかり保存
写真や動画を直接iBRIDGE3に直接撮影。その瞬間を逃さない
iPhone・iPadの容量を気にせず、音楽や動画を入れたiBRIDGE3に素早くアクセス
旧iBRIDGEより20%の小型化が実現・ホルスターキャップで持ち運びもラクラク
特許を取得したデザインで、手の内側に回り込み接続したままでも邪魔にならない

No.2 Hyper iStick

Hyper iStick

Hyper iStickは少し高価ですが、より簡単なデザインをユーザーに提供します。iPadとそれを接続すると、迅速な転送を楽しむことができ、それのもう一方の端が自動的にドライブ本体に撤回されます。

No.3 PKparis K’ablekey

PKparis K'ablekey

PKparis K’ablekeyは、少し異なるデザインをユーザーに提供します。それは柔らかいアルミニウムの外観を持っています。転送を容易にするために磁石が2つのサークルの半分を組み込まれています。iPad上のメディアにアクセスし、簡単にコンピュータからファイルを転送することができます。

No.4 Aizbo i-Flash Drive with micro SD

izbo i-Flash Drive with micro SD

マイクロSDのAizbo i-Flash DriveはiDevies、パソコンおよびMacコンピュータ上で使用することができます。ストレージのために挿入されたSDカードが必要です。iPad用の1つの最高のUSBフラッシュドライブとして、とても使いやすいです。/p>

No.5 Verbatim iStore ‘n’ Go

Verbatim iStore 'n' Go

Verbatim iStore‘n’Goには、一端にフルサイズのUSBポートがあり、他方では稲妻ポートがあります。ユーザーがコンピュータとiOSデバイス間でファイルを共有、コピー、転送することができます。とても便利です。

iPad用上記の最高のUSBフラッシュドライブは、USBフラッシュドライブにフォルダファイルをバックアップすることによってiPad上のほかのファイルのためのスペースを作るのに多くの助けを提供することができます。

パート2.どのようにiPadにUSBフラッシュドライブを接続しますか

iPadとiPad Miniは、第三世代から雷コネクタの設計を採用しています。一方の端に8ピンコネクタを持っています。もう一方の端はUSBコネクタです。iPadにUSBフラッシュドライブを接続する方法については、次の手順をご覧ください。

1. LightningコネクタでiPadをUSBドライブに接続するために、USBカメラのアダプタにLightningを利用する必要があります。このアクセサリの特徴は、一方の端にLightningコネクタがあり、もう一方の端にUSBコネクタがあることです。

2. Lightningコネクタの端をiPadに挿入します。その後、USBドライブを反対側のUSBスロットに差し込みます。

3. iPadの写真アプリに移動し、「カメラ」オプションを見つけましょう。

find the camera option

しかし、お使いのiPadは30ピンコネクタの場合、アップルiPadカメラ接続キットを購入する必要があります。その後、次の手順に従います。

1. iPadにUSBスロットが付いているプラグを接続しなさい。

2. その後、USBドライブをプラグのUSBスロットに挿入します。

3. 最終的に、アップルの写真に移動し、メニューの下に接続されているデバイスまたはカメラのオプションを探します。

上記の手順を参照して、USBフラッシュドライブにiPadを接続することは難しくないです。手順を試してみて、数秒で完成できると思います。

パート3.iTransferでiPadからUSBメモリに写真を転送する方法

もし、iPadからUSBメモリに写真などのファイルを転送したい場合、強力な転送ツール――Leawo iTransferを活用してください。多くのユーザーは、このソフトウェアについてよいレビューを残して、世界中の顧客の承認を獲得しています。Leawo iTransferの助けでどのようにiPadからUSBメモリに写真を転送しますか。次の手順をご覧ください。

itransfer

Leawo iTransfer

☉ iPhoneデータ転送ソフト。iPhone、iPad、iPod、iTunesとコンピュータの間で、ミュージック、ビデオと
写真などのファイルを簡単に転送

☉ 最新のiOSデバイスに対応!

☉ iTunesと同期しなく、データーの紛失は心配なし

無料体験 無料体験

ステップ1.iPhoneをパソコンに接続する

まずはサイト:http://www.leawo.org/itransfer/ からLeawo iTransferをダウンロードして、お使いのパソコンにインストールします。

Connect iPhone to computer

ステップ2.転送したい写真を選択する

iCloudからiPhoneに写真を同期します。方法はiPhoneでiCloudのアカウントをログインして、その後、「設定」アプリで「iCloud」をONにして、iCloudの写真をiPhoneに同期します。その後、iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続して、iTransferでiPhoneの写真をチェックします。

Select photos to transfer

ステップ3.写真をUSBメモリに保存する

HDDをパソコンに接続します。その後、Leawo iTransferで転送したい写真にチェックを入れて、右下隅にあるスマホのアイコンをクリックして、保存先はUSBメモリを選択します。最後は「転送」を確認すればいいです。

Choose an output directory