今日では、ほとんどのオンライン活動(たとえば、ショッピングサイト)はパスワードの入力が必要になってきています。これで、ウェブサイトのログインが必要でアカウントの管理もしなければなりません。そういうことで、ユーザー名、パスワード、認証質問の回答やクレジットカード番号など、アカウントに関連する情報を一々覚えておく必要があります。それらの情報が忘れられないように紙にパスワードを記入する人もいます。
iCloudキーチェーンは、ユーザーに暗号化方式AES 256ビットに対応した暗号化機能を提供しているメモリ機能で、アカウント名、パスワード、ウェブサイトのクレジットカード番号とWi-Fiネットワーク接続を記憶するために開発されたのです。Safariを使用してウェブサイトにログインしたり、オンラインでショッピングしたりする時、以前にiCloudキーチェーンに保存されている関連情報が自動的に入力されて、Apple製品を使用する際の利便性と安全性を向上させます。

iCloudキーチェーンをオンに設定方法

iPhoneとiPadでiCloudキーチェーンをオンに設定する

iPhoneとiPadでの設定方法は似ているので、iPhoneを例にしてiCloudキーチェーンの設定方法を説明します。

ステップ1.「設定> iCloud>キーチェーン」の順に選択し、iCloudキーチェーンの右にあるオプションをタップしてオンにします。

ステップ2.プロンプトが表示されたらApple IDを入力し、パスワードを設定します。それから、表示される指示に従って操作します。

iCloudキーチェーンのパスワードを設定する方法は3つあります。

  • 1.iPhoneのパスワードをセキュリティパスワードとして設定します。
  • 2.新しいセキュリティコードを作成します。
  • 3.ランダムに作成します。
  • 暗号化方式AES 256ビットによって保護されているので、安全性には心配することはありません。

MacでiCloudキーチェーンをオンに設定する

Mavericks 10.9とそれ以降のMac OS Xで:

  • 1.アップルメニュー>環境設定> iCloudを選択します。.
  • 2.キーチェーンを選択します。.
  • 3.パスワードを入力し、画面に表示される指示に従って操作します。

iCloudキーチェーンを設定する方法

新しいデバイスでiCloudキーチェーンを使用する

新しいデバイスでiCloudキーチェーンを使用する前に、この機能を有効化にする必要があります。iCloudキーチェーンがオンになっていると、そのデバイスは承認が要求される通知を表示します。承認した後、iCloudキーチェーンは新しいデバイスでアップデートし始めます。

デバイスが紛失されたり、電話番号が変更された場合はどうなりますか?

  • 1. iCloudキーチェーンが承認済みのすべてのデバイスを紛失した場合でも、SMSでiCloudキーチェーンにアクセスできます。新しいデバイスでiCloudキーチェーンをオンにすると、前にiCloudキーチェーンで提供した電話番号に確認コードがSMSで送信されます。そこで、確認して更新を開始できます。
  • 2. さらに悪いことに、前にiCloudキーチェーンで記入した電話番号も失い、または新しい電話番号を更新するのを忘れた場合は、個人の身元を確認してiCloudキーチェーンを再設定するようにとAppleサポートにお問い合わせください。

情報を自動入力する操作

Webサイトで必要な情報の自動入力を実現するには、iCloudキーチェーンに情報を入力し、Safariの自動入力機能をアクティベートする必要があります。

  • 1.[設定]> [Safari]> [パスワードと自動入力]を選択します。
  • 2.「ユーザー名とパスワード」オプションを右側にスライドしてオンにします。
  • 3.必要に応じてクレジットカードを有効にすることもできます。
  • 4.[クレジットカードを追加]をタップします。.
  • 5.空白欄にクレジットカードの情報を入力して、[完了]をタップします。

iCloudキーチェーンを復元する方法

1.デバイスでiCloudキーチェーンの接続を破壊する未定義問題が発生した場合は、リセットして復元してください。レセットするにはセキュリティコードのみが必要です。「設定> [お名前]> [iCloud]> [キーチェーン]> [セキュリティコード復元]に移動します。

2.セキュリティコードを忘れた場合は、使用される時にリセットや情報が他のデバイスで更新されます。

3.[設定]> [お名前]> [iCloud]> [キーチェーン]> [セキュリティコードをリセット]の順に選択します。.

4.リセットした後、使用するときに元のデバイスですべてのデバイスを再度承認する必要があります。

iCloudキーチェーンを削除する方法

有効化と同じように、iCloudキーチェーンは同じ方法で1つずつ削除する必要があります。

  • iOSデバイス(iPhone、iPad、iPodなど)の場合
  • 「設定> [お名前]> [iCloud]> [キーチェーン]> [詳細設定]の順に移動します。セキュリティコードを入力して承認をオフにして、各デバイスでキーチェーンを無効にします。

  • <コンピュータの場合>
  • 「アップルメニュー>環境設定> iCloud>アカウント」の順にクリックします。それから、セキュリティコード承認からチェックを外してから、各デバイスでキーチェーンを無効にします。

上記の手順で、iCloudキーチェーンに関する基本知識が身につき、簡単な問題は自分で解決できるようになります。iCloudキーチェーンは私たちの生活を便利にしています。