「私はiPhoneでパワーポイントをアップロードして、勉強したい。何かiPhone用のパワーポイントビューアアプリがありますか?」

最近、いくつかのプラグインやサードパーティソフトウェアのおかげで、iPhoneはコンピュータで行っていたほとんどのことを行うのに役立ちます。パワーポイントアプリまたはPowerPoint to iPhone変換アプリがあれば、簡単にパワーポイントを再生することができます。この記事はiPhoneでパワーポイントを閲覧するいくつの方法をご紹介します。

パート1:iPhoneパワーポイントビューアを通じてiPhoneでパワーポイントを閲覧する

実は、マイクロソフトが「iPhoneとiPad用のMicorosft PowerPoint.」というパワーポイントアプリを開発しました。このアプリはiPhoneユーザーがiPhoneで無料でパワーポイントを閲覧することを可能にします。ただし、パワーポイントプレゼンテーションを作成したり、編集したりしたい場合は、30日しか無料体験できない。30日が経つ後、Office 365サブスクリプションが必要です。

PowerPoint for iPhone

iPhone用のPowerPointの主な機能::

  1. 画像、表、チャート、スマートアート、トランジション、アニメーションはすべて整っています。
  2. プレゼンテーション時には、スピーカーノートを見て、内蔵のレーザーポインタ、ペン、またはハイライターを使用してポイントを取得できます。
  3. 電子メールの添付ファイルを見て、OneDrive、Dropbox、Business用のOneDrive、またはSharePointから全てのパワーポイントプレゼンテーションをアクセスします。

Dropbox、OneDrive、Office 365を通じてパワーポイントをiPhoneに転送する方法::

  1. コンピューターでウェブサイトを開いて、Dropbox、OneDrive、Office 365をログインします。
  2. Dropbox、OneDrive、Office 365にパワーポイントファイルをアップロードします。
  3. (iPhoneで)iPhone用のパワーポイントアプリでアカウントボタンをタップします。ファイルを保存したサービスをタップして、ファイルを探します。

メールでパワーポイントをiPhoneに転送する方法::

  1. コンピューターでウェブサイトを開いて、メールボックスでメールを編集します。パワーポイントファイルを添付ファイルとしてアップロードして、メールを下書きに保存します。
  2. iPhoneでメールアプリを開いて、下書きに添付ファイルがあるメールを見つけます。電子メールメッセージの下部に添付ファイルが表示されます。添付ファイルを一度タップしてダウンロードする必要があります。
  3. メニューが表示されるまで添付ファイルをタップし、ホールドします。
  4. メニューにある「開く」アイコンをタップして、Word、Excel、またはPowerPointでファイルを開きます。

iPhone用のパワーポイントビューアを通じて、iPhoneでパワーポイントを再生する方法::

  1. iPhone用のパワーポインを起動して、「開く>場所を追加」ボタンをタップします。Dropbox / OneDrive / Office 365 / emailに使用する電子メールアドレスとパスワードをサインインしてください。
  2. ファイルに移動してタップして開きます。

iPhone用のマイクロソフトパワーポイントアプリだけでなく、他にiPhone用のパワーポイントビューアがたくさんあります。

  1. Mobile Document Viewer.
  2. ThinkFree Office Mobile Viewer.
  3. Kingsoft Office.
  4. OfficeSuite.
  5. Documents To Go 3.0 Main App.
  6. Docs Viewer.

パート2:iPhoneでパワーポイントを閲覧ため、パワーポイントを変換する

iPhone用のパワーポイントビューアアプリを利用する以外、iPhoneでパワーポイントを表示するもう1つの方法は、パワーポイントをiPhoneファイルに変換することです。アップル社はiPhoneにiBooksを搭載し、iBooksはPDFファイルを読むことをサポートしているため、パワーポイントをPDFファイルに変換してiPhone iBookでパワーポイントを閲覧することができます。一方、パワーポイントをiPhoneで閲覧するため、パワーポイントをiPhoneビデオに変換することもできます。これら2つのソリューションの詳細な手順が以下に示されます。

ソリューション1:iPhoneでパワーポイントをPDF変換する方法

マイクロソフトパワーポイントがこの機能を提供するため、簡単にパワーポイントをPDFファイルに変換できます。下記はパワーポイントをPDFファイルに変換する方法です。

  1. コンピューターでパワーポイントファイルを開きます。
  2. ウィンドウの左上にある「ファイル」ボタンをクリックします。
  3. 「エクスポート> PDF / XPSファイルを作成」オプションに移動します。
  4. 「PDF / XPSファイルを作成」ボタンをクリックします。ポップアップウィンドウで、「ファイル名」に出力PDFファイル名を付け、「ファイルの種類」ボックスにPDFを出力ファイルタイプとして選択します。フォルダを出力ディレクトリとして選択して、出力PDFファイルを保存します。
  5. 「公開」ボタンを押して、パワーポイントからPDFファイルへの変換が開始します。

パワーポイントをPDFファイルに変換した後、変換したパワーポイントファイルをiPhoneに転送する必要があります。下記の手順をご覧下さい。

  1. 必要なPDFファイルを見つけて、iTunesを開きます。このフォルダを「books」ライブラリにドラッグしてドロップします。
  2. iPhoneまたはiPadをプラグインします。リストから選択し、booksを同期するように設定されているかどうかを確認します。
  3. デバイスを同期します。

PDFファイルをiPhoneに転送した後、iPhoneのiBooksアプリで開くことができます。 無料ですが、PDFファイルを読むのは便利ではありません。 iPhoneに付属のiBooksは生成されたPDFを読むことができますが、小さなディスプレイではPDFファイルを読むことが難しいと認めなければなりません。 こういう場合は、頻繁に画面に合うようにPDFをドラッグする必要があります。

ソリューション2:iPhoneでパワーポイントをPDF変換する方法

確かに、iPhone でパワーポイントを再生するため、iPhoneユーザーがパワーポイントをiPhone対応の動画に変換することができます。そういう場合は、ユーザーがパワーポイントをMP4またはMOV動画に変換することを選択できます。従って、パワーポイントを変換するプロなソフトウェア「Leawo PowerPoint to Video Pro」を強くお勧めします。このPowerPoint to iPhone変換ソフトウェアは、パワーポイントの要素と効果を元のまま維持して、パワーポイントを150種類以上の異なるビデオやオーディオファイルに変換することができます。パワーポイントをMP4またはMOV動画に変換でき、iPhoneで簡単にパワーポイントを再生することを可能にします。

Leawo PowerPoint to Video Proを選択理由:
●PowerPoint 2000/2002/2003/2007/2010/2013にサポート。
●全てのフォーマットにサポート:PPT, PPTX, PPTM, PPS, PPSX, POT, POTX, POTM。
●出力ファイルのビデオ/オーディオのパラメータを調整。
●透かしの追加とリアルタイムプレビューに対応

すぐ購入無料体験

パワーポイントをiPhone MP4/MOV動画に変換する方法

手順1:パワーポイントファイルをインポート

Leawo PowerPoint to Video Proを起動します。「追加」ボタンをクリップして、変換したいパワーポイントファイルをインポートします。ロード後、ロードしたパワーポイントプレゼンテーションを再生することができます。

1

手順2:出力フォーマットを設定

下部にある「プロファイル」をクリックして、iPhoneに対応できるMP4/MOVファイルをエクスポートされたビデオとして選択するか、「iPhone」グループから直接一つを選択します。次に、メインインターフェイスにある「出力」ボックスをクリックして、変換されたビデオを保存するフォルダを選択します。

2

手順3:ビデオ/オーディオのパラメータを調整

「設定」ボタンをクリックして、ビデオコーデックやビットレート、ビデオサイズ、アスペクト比、フレームレート、オーディオコーデック、チャンネルなどの出力パラメータを調整します。

3

手順4:パワーポイントファイルをカスタマイズ

メインインターフェイスにある「カスタマイズ」ボタンをクリックして、変換設定、透かしの追加、スライド時間、背景音楽、音声設定などのカスタマイズもできます。

4

手順5:パワーポイントをiPhone動画に変換

カスタマイズ後、メインインタフェースに戻ります。右にある「Start」ボタンをクリックして、変換が開始します。

5

変換後、パワーポイントをiPhoneに転送する必要があります(パワーポイントファイルはビデオに変換されます)。 こういう場合は、iTunesが役に立ちます。詳しく手順は以下になります。

  1. USBケーブルを使ってiPhoneをコンピュータに接続します。iTunesが自動的に起動します。そうでない場合は、コンピュータで手動で起動します。
  2. ウィンドウの左上隅にある「ファイル>ライブラリにファイルを追加」をクリックします。その後、コンピュータのビデオファイルを選択して、ライブラリに追加します。
  3. iTunesの「iPhone」アイコンをクリックして、左側のサイドバーにある「ムービーライブラリ」を選択します。次に、ムービーを同期して、「適用」ボタンをクリックします。iTunesはiPhoneにムービーを同期させます。

ご注意:iTunesがiTunesライブラリからiPhoneにビデオを転送している時は、選択したビデオのみがライブラリに同期されます。つまり、iTunesは選択されていないアイテムをすべて消去します。購入していないビデオがiTunesライブラリに保存されていない場合、それらは永久に失われます。実用的なiTransferを使って、コンピューターからパワーポイント動画をiPhoneに転送してみましょう。