9月18日に発売したiPhone 6s・iPhone 6s Plusは3D Touch搭載Retina HDディスプレイを採用して高解像度、高画質に画像と動画を表示できます。そのほか、iPhone 6sがデュアルドメインピクセルを採用し、4.7、5.5インチのサイズで、新型HDディスプレイを搭載して、より広い視野角を提供しています。そして、超高速4G LTEワイヤレス接続機能、1080p HDビデオの最大4倍の解像度を持つ、CPUは25%高速化;バッテリー持ちやカメラもパワーアップ、ユーザーによる設定が可能な最大音量制限、128GBモデル追加等の仕様になってあります。

iPhone 6s・iPhone 6s Plusでブルーレイムービーを楽しむのは最高な視聴体験と思います。iPhone 6sでBlu-ray動画を再生したいなら、Blu-rayをiPhone 6sに対応できる動画形式にリッピングしなければなりません。今のBlu-rayプロテクト技術は非常に強いことで、専門的なBlu-ray iPhone変換ソフトを利用して、お好きなBlu-rayをiPhone 6sに取り込み、移動中や食事中いつでもどこでもiPhone 6sでBlu-rayを見る可能になります。

最適なBlu-ray iPhone変換ソフトと言えば、一番目立つなのはやはり Leawo Blu-ray変換 です。Leawo Blu-ray変換は手軽く全て種類のBlu-rayから簡単操作でiPhone 6sで再生できる動画を高画質かつ高速に変換して取り込みことが楽にできます。

そしてiPhone 6sでBlu-ray動画を見るためにカスタマイズ編集機能も搭載されています。自分でオーディオと字幕を設定することができるし、便利なビデオ編集機能(部分拡大、取り切り、効果調整、透かしを追加、3D化など)でビデオをプレビューしながら編集できるし、ビデオのビットレート、解像度、フレームレートなどのプロファイルも調整可能です。すべての機能を最適化することで、最高の映像品質で動画をご覧いただけるようになっています。

さて、ここではLeawo Blu-ray変換でBlu-rayをiPhone 6s用形式にリッピング/変換する方法を紹介します。まずはソフトをダウンロードしてインストールしてください。

Download Windows Version
Download Mac Version

 

 

ステップ1:Blu-rayを読み込む

Blu-rayディスクをBlu-rayドライブに入れて、「Leawo Blu-ray変換」を起動します。
「BD&DVDを追加」をクリックして、リッピングしたいBlu-rayディスクを選択します。他に、Blu-rayフォルダ(Blu-ray ISOファイル)をウィンドウ中心部にドラッグして追加することもできます。

ripper1

ステップ2:リッピングモードを選択

左上のボタンで需要に応じるリッピングモードを選んで「OK」をクリックします。
「フルムービー」「メインムービー」「カスタムモード」三つのリッピングモードがあります。
「フルムービー」はブルーレイの全てのタイトルを一括にリッピングします。
「メインムービー」は自動的に最も長いタイトルを選んでリッピングします。
「カスタムモード」はニーズに応じてリッピング希望のタイトルを選択して変換することができます。

ripper2

ステップ3:リッピング設定

上の「MP4 Video」出力設定ボタンをクリックすれば、出力形式やプロファイル編集することができます。
「変更」画面の「フォーマット別」>「Common Video」項目で「MP4 Video」或いは「MKV Video」を選択してください。
または「端末別」>「iPhone」項目の「iPhone 6s」を選択してください。

ripper3


「編集」ボタンをクリックすれば、「編集」画面で、出力ビデオの映像・音声のコーデック、ビットレート、解像度、フレームレートなどのプロファイルを編集できます。

ripper5

ステップ4:リッピング開始

編集保存してから、大きなみどりの「変換」ボタンをクリックして、プルダウン画面で「保存先」を決めたら、下の「変換」アイコンをくりくすれば高速変換が開始します。

ripper4

 

ただ4ステップでブルーレイをiPhone 6sに取り込んで再生することができますよ。今すぐLeawo Blu-ray変換をダウンロードしてお試してみましょうか~

Download Windows Version
Download Mac Version