音楽CDから取り込んだ曲は「MP3」としてパソコンに保存しています。iTunesなどのプレーヤーを使って再生する時、曲名やアーティスト名、アルバム名などの情報が見えます。ところが、たまにタグ情報の取り込みに失敗したり、音楽情報が間違っていたりした場合は、間違った情報を修正して、好きなように書き換えることもあります。それで、今回はWindows&Macでmp3タグを編集する方法をご紹介いたします。

 

Windowsでタグを編集する方法

Windowsで音楽や動画を再生する場合、やはりWindows Media Playerが定番です。Windows Media Playerはマイクロソフトが開発しているメディアプレーヤーであります。WMA、MP3、WAVなどの音楽の再生が可能です。
Windows Media Playerを起動して、画面の左にあるライブラリ項目から「音楽」を選択して、パソコンに保存している音楽ファイルがリストで表示されます。アルバムの隣にタイトルや作曲者などの音楽情報があります。編集したい項目を右クリックすると手動で編集できます。また、アルバム画面を右クリックすると音楽情報の自動検索もできます。

Macでタグを編集する方法

MacではiTunesを使ってMP3などの音楽ファイルを再生するのがよくあることです。iTunesはアップルがイクロソフトのWindows Media Playerに対抗するため、開発及び配布しているメディアプレーヤーであります。
MP3のタグを編集する場合、iTunesはWindows Media Playerより詳細な編集ができます。iTunesで再生している時、編集したい音楽ファイルを右クリックして、「プロパティ」を選択してください。情報メニューでアートワークや歌詞、グループなどの設置が簡単に設置できます。編集完成後、画面の下にある「OK」ボタンをクリックすれば完成です。

Windows&Macでmp3タグを一括で編集する方法

Windows Media Playerと iTunesはそれぞれMP3など音楽タグを編集できますが、ファイルの数が大量にある場合は、時間が結構かかります。それで高性能のサードパーティが必要です。
Leawo Tunes Cleanerは強力なオンライン音楽データベースを利用して大量の音楽情報を自動的に追加することができます。また自動的に追加できない場合は、手軽く手動で追加することができます。また、重複した音楽を簡単に検出して一括で管理することができます。常に音楽ファイルを状態の監視でき、是非お試しください。

Download Windows Version
Download Mac Version

 

 

ここては、Windowsバージョンを操作しておりますが、Macと取扱方法は同じなので、ご安心ください。

手順一:

ソフトを起動して、メイン画面にある「音楽ファイルを開く」項目を選択してください。ファイル/フォルダの追加メニューで編集したい音楽を選択して、ソフトは自動的に標的音楽を検索します。

1-2

手順二:

スキャンされた曲からタグ情報が不完全の曲を検出した場合、足りない部分によって分類されます。
検出されたファイルから、ユーザーのニーズに応じて選択することができます。
画面の右上にある長方形の「全てを修正」ボタンをクリックして、修正が開始します。

1-2

手順三:

自動修正で修正されなかった音楽は、画面の下で詳しいタグ情報を手動で編集できます。
編集完成後、ソフト画面の右上にある「適用」ボタンをクリックすれば、操作が終わりです。

1-2