自作のDVDや家族との思い出のDVDなど、何度も再生するにはやはりパソコンに取り込んでおくと便利です。そうすれば、再生のたびにわざわざDVDを探し、光学式ドライブを接続する必要もありません。
また、DVDディスクの汚れや歪みなどの問題で読み込むときや再生する時にエラーを引き起こす可能性もありますので、貴重な思い出のDVDやビジネス用DVDをパソコンに取り込んでバックアップするのは安心な選択かもしれません。

 

1.DVDをパソコンに取り込むソフト――Leawo DVDコピー


Leawo DVDコピーというソフトは簡単にDVDディスクをオリジナル品質をキップして、コンピューターやハードドライブ、DVD フォルダー、 ISO イメージファイルへコピーできます。保護されているDVDディスクも問題なく処理できます。DVD フォルダーと ISO イメージファイルの1:1バックアップも可能です。

また、2層DVDから1層DVDに圧縮しながらバックアップコピーが可能なリッピングソフトとして、完璧なオリジナルクローンを作れ、無劣化でオリジナルなDVD動画品質を維持できます。

そして、最新のNVIDA CUDA技術により、最高速のDVDコピースピードを提供します。
簡潔なインタフェースを備えて、オプションはひと目見ただけでよく分かるので、初心者までも気軽にDVDをダビングすることができます。


Leawo DVDコピーを使えば、一本ソフトでDVDをパソコンにダビングすることやDVDを空白のDVDにダビングすることがおこなえます。ソフト本体の費用以外に、DVDデイスクの費用しかかかりませんから、お友達や取引先にDVDをプレゼントしたり、配布することができます。

2.DVDをパソコンに取り込む方法

手順一:ダウンロード&インストール

Download Windows Version
Download Mac Version

 

 

手順二:DVDディスクを読み込む

DVDディスクをDVDドライブに入れて、「Leawo DVDコピー」を起動します。
「BD/DVDを追加」ボタンをクリックして、ダビングしたいDVDディスクを読み込みます。

1-1

 

手順三:コピー設定を選択

「フルムービー」「メインムービー」「カスタムモード」三つのコピーモードがあります。
ニーズに応じてコピー希望のタイトルを追加してコピーすることができます。
「字幕」「音声」の項目で希望の字幕と音声トラックを選択できます。

1-2

メモ:
「フルムービー」は全てのタイトルを一括にコピーします。
「メインムービー」は自動的に最も長いタイトルを選んでコピーします。
「カスタムムービー」ニーズに応じてコピー希望のタイトルを追加してコピーすることができます。

 

手順四:コピー開始

コピーモードを選んだ後、右上のみどり「コピー」ボタンをクリックして、「コピー先」、「ディスクラベル」、「保存先」三つの設定項目があります。
「コピー先」の「フォルダ」にチェックを入れて、「ディスクラベル」と「保存先」を需要に応じて設定してから、下の「コピー」アイコンをクリックします。

1-3

 

3.パソコンに取り込んだDVDファイルを再生する方法


パソコンに取り込んだDVDファイルは.VOB形式ですので、直接にWindows Media Playerで再生できません。
.VOB形式のDVDファイルを再生するには、専門的なDVD再生ソフトが必要になります。


無料かつ高性能のDVDプレーヤーと言えば、もちろん最近大人気のLeawo メディアプレーヤーです。
専門的なフリーDVD再生ソフトとしてDVDをパソコンで再生することは簡単で、使い心地の方も一番と言えます。
最も重要なのは画質ですが、普通再生する時に綺麗な画質が提供できるし、HDスクリーンになっても画質の劣化が全然感じられません。


さて、下記はLeawoメディアプレーヤーの使用方法を紹介します。

ステップ1:

Leawo メディアプレーヤーをダウンロードして、インストールしてください。

Download Windows Version
Download Mac Version

 

 

ステップ2:

メディアプレーヤーを実行して、以下の画面が表示されます。
「ファイルを開く」アイコンをクリックして動画ファイルを再生、「ディスク」アイコンをクリックしてBlu-ray /DVD ディスクを再生できます。

2

ステップ3:

映画を再生する時、、[F5] キーを押すか、画面内を右クリックして「プレーヤー設定」をクリックしてビデオの再生効果を設置できます。

1