子供の入学式で撮った動画をDVDに焼いて保存したいですが、DVDにしたら、それをに見る時に、毎回毎回ディスクを取り出してドライブに入れなければならず、意外と手間になります。また、大量のディスクを管理するには、保存場所やディスクの寿命などの問題に常に注意しなければならないで、時間がかかります。この場合、なにか良い方法はありますか?
大切な動画や写真をバックアップする時、このような悩みがある方が多いです。それで、今回は、動画や写真を簡単に長期保管できる方法を皆さんにご紹介いたします。

 

動画をISO化にする理由

DVDなどの記録型メディアは、主に樹脂や有機色素などの材料で作られ、使い方や保管方法により、わずか数年で正常に再生出来なくなってしまうことがあります。いくら良品なディスクとしても、物理的なものである以上、経年変化という劣化があります。そこで今回は、動画をISOファイルにして、必要な時だけ、すぐDVDに書き込みできる方法をご紹介いたします。

1-2

 

ISOファイルとは、DVDやBDなどの光ディスク全てのデータを、そのまま一つのファイルに保存したもので、物理的な媒体なしのディスクと言われます。動画をISO化にすることで、二度と大切な動画や写真は、ディスクの劣化で損傷することに悩む必要がありません。そして、テレビで再生したい時にも、すぐディスクに書き込みできます。

動画をISOファイルに書き込む方法

動画をISO化するには、高性能のライティングソフトが必要です。動画や写真をISOイメージファイルに変換して、DVDに書き込む場合、Leawo DVD作成がオススメです。
Leawo DVD作成は優れた編集機能をもって、あらゆる動画フォーマットに対応でき、様々な形式で出力できる強力なライティングソフトです。携帯、デジカメなどの撮影デバイスで撮った動画や写真を、ISOイメージファイル/DVDディスク/フォルダに出力でき、大切な思い出の長期保存が手軽に完成できます。そして、動画のトリム、再生効果、透かし追加、字幕付きなどの実用性高い編集機能が搭載されています。また、40種類以上のテンプレートから、ディスクメニューが簡単に作成できます。更にシンプルな操作で初心者でも高品質なディスクを作成できます。

Download Windows Version
Download Mac Version

 

 

手順一:

ソフトを起動して、「ビデオを追加」ボタンをクリックしてください。
保存したい動画をソフトに追加してください。

1-2

 

手順二:

追加した動画の右にある「編集」ボタンをクリックしてください。
好みの再生効果によって、「トリム」「切り抜き」「透かし」「効果」「3D」メニューで動画を編集してください。
編集完成後、画面の右下にある「保存」ボタンをクリックしてください。

1-2

 

手順三:

メイン画面の右半分に、多様なテンプレートが用意されています。
目のアイコンをクリックすれば、ディスクメニューがプレビューできます。
鉛筆のアイコンんをクリックすれば、ディスクメニューの背景イメージやBGMが設置できます。

1-2

 

手順四:

メイン画面の右上にある長方形の「書き込み」ボタンをクリックしてください。
書き込み先で「ISOファイル」にチェックを入れてください。
他に「ディスクラベル」「保存先」が設置できます。
設置完成後、画面下にある丸い「書き込み」ボタンをクリックして、動画をISOファイルに書き込みします。

1-2

 

メモ:動画をDVDに直接書き込む場合は、上記の手順を実行する前に、書き込み可能のDVDディスクをドライブに挿入してください。そして、ソフト画面の左下にディスクタイプを設置して、手順六の「書き込み先」で標的のディスクを指定してください。

作成したISOファイルをDVDに書き込み方法

ISOファイルをDVDディスクに書き込みするには、同じくLeawo DVD作成で実現できます。

手順一:

ソフトを起動して、書き込み可能のDVDディスクをドライブに挿入してください。

手順二:

ソフト画面の左上にある下向きの矢印ボタンをクリックして、ISOファイルをソフトに追加してください。

1-2

 

手順三:

ISOファイルに追加メニューで「コピー先」を標的のディスクに設置してください。また「ディスクラベル」も設置できます。
設置完成後、下にある「書き込み」ボタンをクリックして、ISOファイルをDVDに書き込みします。

1-2