iTunesは、アップル社がパソコン向けに開発されたメディアプレイヤーソフトです。ビデオ等の管理・再生の他、オンラインでの音楽の視聴・購入等もできます。また、iPhone、iPodなどの情報共有やソフト管理にもできます。例えば、iPhoneで撮った写真や映像は、iTunesでPCにバックアップすることができるし、ほかのデバイスに転送することもできます。それで今回は、PCでiTunesの動画からDVDを作成する方法につて、ご紹介いたします。

 

iTunesのデータをPCに取り込む方法

iPhoneの動画や写真をPCに保存する場合、USBケーブルで直接保存できますが、iTunesの動画をPCに保存するには、専門のツールを使う必要があります。

Leawo iTransferはIOSデバイスとiTunesやPC間でデータを転送するためのソフトで、アプリ、ミュージック、ビデオ、TV番組などのデータを一括で管理することできます。多様な転送方式に対応でき、複数のファイルを任意に転送することができます。また、iTunesと同期せず、データをバックアップすることが可能です。その他に、ユーザーフレンドリーなUIで、初心者でも簡単に操作を実行できます。

Download Windows Version
Download Mac Version

 

 

ここでは、iTunesのビデオをPCに取り込む方法につて、操作を行います。

手順一:

ソフト画面の左半分にあるメニューで、「iTunes」をクリックしてください。
「ライブラリー」「ビデオ」をクリックしてください。

1-2

 

手順二:

ビデオペネルでパソコンに引き込みしたいファイルを右クリックしてください。
「転送先」→「マイコンピュータ」で転送画面が現れます。

 

1-2

 

手順三:

転送画面で転送先を選択して、「今すぐ転送」ボタンをクリックして、作業完成です。

 

1-2

 

ご注意:上記の方法を利用するには、iTunesが必ず必要です。iTunesをインストール後に、Leawo iTransferを起動してください。

ビデオファイルを高品質でDVDに焼く方法

動画をDVDに書き込むには、やはり、Leawo DVD作成がオススメです。Leawo DVD作成はあらゆる動画形式に対応でき、複数の形式で出力することができるソフトです。強力な動画編集機能が内蔵され、動画の連合、透かしの追加、再生の効果などの編集が簡単に実行できます。また、多彩なテンプレートを用意して、初心者でも本格的なディスクメニューが自作できます。更にシンプルな操作手順で、数クリックで動画からDVDに作成できます。

 

Download Windows Version
Download Mac Version

 

 

手順一:

ソフトを起動して、「ビデオを追加」ボタンをビデオファイルを追加してください。

1-2

 

手順二:

追加したビデオファイルの隣にある「編集」ボタンをクリックしてください。
ビデオ編集パネルで、ニーズに応じて編集してください。
編集完成後、画面下にある「保存」ボタンをクリックしてください。

 

1-2

 

手順三:

書き込み可能なDVDディスクをドライブに挿入してください。
メイン画面の下にある選択メニューでディスクタイプを設置してください。

 

1-2

 

手順四:

メイン画面の半分にテンプレートの選択メニューがあります。
目のアイコンをクリックして、作成するディスクメニューがプレビューできます。
プレビュー画面の左上に「編集」ボタンをクリックした、ディスクメニューのBGM、背景イメージ、タイトルの名前などが簡単に設置できます。

 

1-2

 

手順五:

メイン画面の右上にある長方形の「書き込み」ボタンをクリックしてください。
「書き込み先」項目で標的なディスクを設置してください。
また、書き込みメニューでディスクラベル、保存先などが設置できます。
設置完了後、画面の下にある丸い「書き込み」ボタンをクリックして、書き込み作業が開始します。

 

1-2