iPhoneを長く使っていると、だんだんストレージの容量が足りなくなってきます。iPhoneのストレージ容量が足りなくなりましたら、iOSのアップデートができない、写真も撮れません。普段何の気なしに使っていると、iPhoneの容量はすぐいっぱいになっていきます。ここでは、iPhoneのストレージ容量を増やす方法をいくつかご紹介します。

パート1.iPhoneの空き容量を確認する

まずはiPhoneのストレージ容量を確認します。「設定」アプリを開いて、次に「一般」をタップ。そして、「ストレージとiCloudの使用状況」をタップします。各アプリのサイズが表示されます。

iphone设置1 iphone设置2


パート2.不要なデータを削除する

今は不要なデータを削除する三つの方法を紹介します。

clear up junks

方法 1: ジャンクファイルを削除する

iPhoneのストレージ容量が不足になると、クラッシュログ、オンラインビデオキャッシュ、Safariキャッシュなどの無駄なジャンクファイルがストレージに占められていることを意味しています。 [設定]> [Safari]> [履歴とWebサイトデータを消去]の順でをタップすると、Safariのキャッシュが削除されます。

clear unwanted photo

方法 2: 不要な写真や動画を削除する

iPhoneにストレージ容量が不足になることは、不要な写真やビデオが多すぎるかもしれません。「写真」アプリを開き、要らない写真を削除し、最後はごみ箱に写真をもう一度削除することを忘れないでください。

delete-apps-fromiPhone

 

 

 

方法 3: 不要なアプリを削除する

App Storeには様々なアプリが提供しているので、時には余計なアプリをダウンロードしてしまって、結局一度も使わなかった。「設定」>「一般」>「使用状況」で、アプリの使用時間をチェックして、不要なアプリを確認してください。それらを削除して、iPhoneのストレージ容量をいっぱいに増やすことができます。

iphone消去

 

 

 

方法 4: iPhoneをリセット(初期化)する

iPhone全てのファイルを消去してから、必要なファイルだけを復元して、iPhoneのストレージ容量を増やすことができます。「設定」アプリを開いて、一般→リセット→すべてのコンテンツと設定を消去とタップします。

パート3.iPhoneをバックアップする

iPhoneのファイルまたはアプリを削除する前に、バックアップをする必要があります。バックアップすると、間違って削除してしまったファイルも簡単に復元できます。ここでは、iPhoneデータとファイルをバックアップする簡単な3つの方法を紹介します。

方法 1: iTunesでデータをバックアップする

macos-itunes12-5-device-summary-encrypt-iphone-backupiphone backup-data
  1. iPhoneデバイスをコンピュータに接続して、iTunesを開きます。
  2. インターフェースで左上にiPhoneのアイコンをタップして、ここでは二つバックアップのモードがあります。「自動的にバックアップ」と「手動でバックアップ/復元」。お好きなモードを選択してください。
  3. インターフェースで「編集」の「設定」をクリックして、「デバイス」でデバイスのバックアップがチェックできます。

方法 2: iCloudでデータをバックアップする



  1. デバイスをWi-Fiネットワークに接続します。
  2. 「設定」をタップし、そして下の「iCloud」をタップします。
  3. 「バックアップ」がオンにしていることを確認します。
  4. 「今すぐバックアップ」をタップして、バックアップを開始します。
  5. ご注意:Wi-Fiネットワークに接続したままにしてください。

方法 3: Leawo iTransferでデータをバックアップする

パソコンが得意な人にはiTunesを使うのが簡単かもしれませんが、パソコンに慣れていない人には少し難しいです。その故、今はここではLeawo iTransferを使ってiPhoneをバックアップする方法を紹介します。
「Leawo iTransfer」は様々なファイルをデバイスからコンピュータにコピーしてバックアップすることができます。また、手動でコンピュータでの重要なファイルを保存して、iPhone、iPadやiPodのファイルが破損された時に、そのファイルをコンピュータから取り戻すことができます。ユーザーフレンドリーUI設計で、操作は簡単です。

itransfer

Leawo iTransfer

☉ iPhoneデータ移行ソフト。iPhone, iPad, iPod, iTunesとPCの間に、音楽、ビデオと写真などを転送
☉ 最新のiPhone 6、iPhone 6 Plus、iPad Air 2とiPad mini 3に対応、iOS 10でスムーズに実行できる
☉ iTunesと同期しなく、データーの紛失は心配なし

無料体験 無料体験

今はLeawo iTransferを使ってiPhoneをバックアップする手順を説明します。

1.2

ステップ 1. 「Leawo Transfer」ソフトをインストールして開くと、iPhoneをコンピュータにUSBで接続します。プログラムは自動にiPhoneを認識して分析します。

1.3

ステップ 2. iPhoneの各ライブラリがソフト画面の左サイドバーに表示されます。バックアップしたいファイルを選択します。例えば、「ミュージック」ライブラリをクリックすれば、右のサイドバーにiPhoneの中の音楽ファイルを表示されます。

1.4

ステップ 3. 転送したい音楽ファイルを選んで、右下の「転送」ボタンをクリックします。または、選んだ音楽ファイルを右クリックして、「転送先」「マイ コンピューター」をクリックします。

1.4

ステップ 4. 転送設定のダイアログで、「フォルダに保存」にチェックを入れて、「変更」をクリックすればターゲットフォルダを選択できて、「今すぐ転送」をクリックすれば、音楽のバックアップが開始します。

Leawo iTransferはiPhone → iPhoneへのデータ移行機能だけでなく、iOSデバイス、iTunesとパソコンの間に全て種類のファイルを転送可能です。実用かつ便利な転送機能を提供して、iPhone、iPad、iPod及びMacユーザーに十分な役に立つと思います。

ちなみに、このソフトは完全に無料体験でき、Mac版もWindows版も実用できるので、興味があれば、ぜひ一度ダウンロードして体験してください。