ある調査によると、音楽を聴くプレイヤーは、「パソコン」が53%で最も多いそうです。CDやインターネットなどから保存した音楽ファイルには、タブ情報がないファイルもあります。多くの人は、それを手動で直接修正しますが、数が多い場合、手動でタブ情報を編集するのは大変です。そのため、今回はタグ情報を取得し、一括設定できる音楽管理ソフトをご紹介いたします。

 

iTunesでのタブ情報を追加する方法

パソコンでiTunesを利用する場合、下記の方法をご参照ください。

手順一:

iTunesを起動して、ソフト画面の左にある「ライブラリ」項目で「曲」をクリックしてください。

 

1-2

 

手順二:

編集したい曲を右クリックして、「プロバティ」をクリックしてください。

 

1-2

 

手順三:

タグ画面で自分をニーズに応じて編集することができます。
編集完成後、画面のしたにある「OK」ボタンをクリックして、タグの追加が完成です

 

1-2

 

iPhoneやiPadなど移動端末を利用する場合、iTunes Matchというツールがオススメです。

iTunes Matchとは、iTunes Storeで購入した曲やiTunesで保存した曲などをiCloudにバッグアップすることができます。インターネットに接続している限り、iCloudからダウロードでき、アップル者が公開している一種のサービスであります。
IOSデバイスの音楽ファイルにアルバムアートワークを追加する場合、iCloudから曲をダウロードするだけで、自動的に追加できます。また、iTunesと同期することでアルバムアートワークの追加もできます。

1-2

 

タグ情報を一括追加できるソフト

iTunesで音楽のタブ情報は1ずつしか追加できないため、Leawo Tunes Cleanerという高性能の音楽管理ソフトがオススメです。

Leawo Tunes Cleanerは最新の音響識別技術が採用され、ワンクリックで音楽ファイルを一括管理できるソフトです。タグ情報の追加やラブライブのクリーンアップ、重複ファイルの削除などの操作は簡単に実行できます。また、うっかりファイルを削除してしまった時、削除履歴からファイルを復元することが可能です。実に高性能の音楽管理ソフトです。

Download Windows Version
Download Mac Version

 

 

ここでは、Leawo Tunes Cleanerでタグ情報を追加します。下記の手順をご参照ください。

手順一:

ソフトを起動して、メイン画面にある「音楽ファイルを開く」アイコンをクリックしてください。
編集したい音楽ファイル/フォルダを追加してください。

 

1-2

 

手順二:

メイン画面の左上にある「音楽一覧得点」は、スキャンされた曲の状態が展示されます。得点は高ければ高いほど良いです。100点満点の場合は、修正する必要がありません。
タグ情報が足りない曲は、足りない部分によってと分類され、ユーザーのニーズに応じて自動的に修正できます。
マイン画面の右上にある「全てを修正」ボタンをクリックして、修正作業が開始します。

 

1-2

 

手順三:

認識できない曲は、インターネットから検索された新規タグとオリジナルタグと一緒に画面の下に表示されます。
新規タグのメニューで曲の名前やアーティストなどが手動で編集できます。
アルバムアートワークの変更は、デスクトップにある写真を直接アートワークパネルに引き込むだけで、追加できます。
追加完成後、ソフト画面の右上にある「適用」ボタンをクリックして、作業完成です。

 

1-2