「スマホに大切な写真をたくさん持っていて、写真をスライドショーに作成して、DVDに書き込みしたいと思います。そうすると、お爺さんが家の古いDVDプレーヤーでも見られますでしょう。友達に聞くと、DVD書き込みソフトを使えば、簡単に写真スライドショーをDVDに焼けることは初耳です。どのようなソフトを使えばいいですか?機械音痴ですから、助けてください。」

最近、写真(写真スライドショー)をDVDに焼く方法を探す方々は多いです。スライドショー作成ソフトがあれば、写真スライドショーを作れます。スライドショー作成ソフトによって、作成された写真スライドショーの形式が違います。この記事では、Mac及びWindowsパソコンで、手軽くてDVDスライドショーの作成ソリューションを紹介します。

 

パート1.写真スライドショーをDVDに焼くについて

今、デジタルカメラやスマートフォンなどで写真を撮るのは日常茶飯事になりました。デジタルカメラやスマートフォンで撮影された写真はいつでもどこでも見られます。またブログにアップロードしたり、スライドショーに作成してネットにシェアしたりすることもできます。そのほか、写真をDVDディスに焼くして、または写真スライドをDVDディスクに焼く需要も増えています。写真をDVDに焼けば、DVDプレーヤーやテレビで再生できます。気軽に写真を友人にシェアしたり、永遠に大切な思い出をDVDに保存したりすることもできます。スライドショーをブルーレイに書き込む方法>>>

写真をDVDに焼く、写真スライドをDVDに焼くのは非常にややこしいと思う人が少なくないでしょう。実はそうではないです。専用のDVD書き込みソフトを使えば、簡単に写真をDVDに焼けます。どのように写真をDVDに焼きますかを決めるのは第一歩です(ディスクメニューが必要かどうか、写真切替時の効果、テキスト内容の追加、大好きな曲をBGMとして追加等)。そして、相応した機能を搭載するソフトウェアで写真スライドをDVDに焼けばいいです。写真をDVDに焼く前、次のものを用意しなければなりません。

  1. DVDに焼きたい写真(写真をスマホやデジタルカメラからパソコンに転送する)
  2. DVDディスクレコーダー付けのパソコン
  3. 空白の書き込み可能のDVDディスク
  4. 写真スライドを作成して、DVDに書き込むDVD作成ソフト
  5. 十分なハードドライブスペース

 

パート2:Windows DVD メーカーで写真スライドショーをDVDに焼く方法

Windows DVD メーカーは写真スライドショーをテレビとDVDプレーヤーで再生できるように、写真スライドショーをDVDに焼くいいソフトです。Windows DVD メーカーで簡単かつ迅速に写真やビデオを追加して、DVDに書き込みできます。また、DVDを焼く前に、DVDメニューのスタイルやテキストなどを設定、カスタマイズすることもできます。Windows DVD メーカーはWindows VistaやWindow7で使えますが、Windows8および以降のパソコンでサポートされていません。もしWindow8、または別のシステムを使用している場合、別のソフトウェアを使わなければなりません。

1.Windows DVD メーカーを起動します。(開始メニューをクリックし、すべてのプログラムからWindows DVD メーカーを起動します)
 
2.「項目の追加」ボタンをクリックし、写真または写真スライドショーを追加し、「次へ」ボタンをクリックします。
 
3.お好きなディスクメニューを選択します。大好きな曲を背景音楽として追加することもできます。
 
4.空白の書き込み可能のディスクをドライブレコーダーに挿し込んで、「書き込み」ボタンをクリックして、写真スライドショーをDVDに焼き始めます。

 

ご注意:

  1. DVDプレーバック、DVDアスペクト比(16:9又は4:3)、DVDビデオフォーマット(NTSC又はPAL)、DVD書き込み速度などを設定するなら、写真スライドショーをWindows DVD メーカーに導入してから、「オプション」ボタンをクリックすればいいです。
  2. DVD メーカーは下記のメニューオプションを提供しています:メニューテキスト、カスタマイズメニュー、スライドショー、メニュースタイル。必要に応じて、1つを選べます
  3. Windows DVD メーカープロジェクトをハードディスクに保存することもできます。
  4. Windows DVD メーカーで写真スライドショーをDVDに焼いた後、作成したDVDをコピーするもできます。焼いたDVDを取り出して、新たな書き込み可能のDVDを挿し込んで、作成したDVDをコピーします。

 

Windows DVD メーカーがサポートしているファイルタイプ&ディスク

ビデオファイル

.asf、.avi、.m1v、.mp2、.mp2v、.mpe、.mpeg、.mpg、.mpv2、.wm、.wmv

オーディオファイル

.aif、.aifc、.aiff、.asf、.au、.mp2、.mp3、.mpa、.snd、.wav、.wma

イメージファイル

.bmp、.dib、.emf、.gif、.jfif、.jpe、.jpeg、.jpg、.png、.tif、.tiff、.wmf

DVDディスク

dvd + r、dvd + rw、dvd-r、dvd-rw、dvd-rom

パート3:MacにiDVDで写真スライドショーをDVDに焼く方法

Windows DVD メーカーと比較して、iDVDはQuickTime対応の映画、MP3ファイル、デジタル写真をDVDに焼いて、商用のDVDプレーヤーで再生することができます。ただし、iDVDは一部のMACシステムで対応できなくて、OS X10.7ライオン以降のパソコンで使用できなくなりました。今、iLife11~iLife13のみで対応され、利用されます。そのため、iDVDを使いたい場合、まず、Macにそのアプリケーションがあるかどうかを確認する必要があります。もしなければ、まずiLifeのインストールディスクを入手してインストール必要があります。

1.iDVDにスライドショーを追加:「メディア」ボタンをクリックして、パネルの一番上の処に「写真」をクリックします。「iPhoto」のタブを開いて、ソース画像をiDVDストレージエリアにドラッグします。
 
2.写真スライドショーをカスタマイズ:テーマの選択、背景グラフィックスの追加、画像の追加、削除または並べ替え、トランジションの追加、スライドショーの追加などを行えます。
 
3.DVD写真スライドショーをプレビュー:iDVDの再生ボタンをクリックして、DVD写真スライドショーをプレビューします。iDVDのリモートコントロールパネルでプレビューすることもできます。
 
4.写真スライドショーをDVDに焼く:空白のディスクをスーパードライブに挿し込んで、「書き込み」(音声の右側にある)ボタンをクリックします。

パート4:WindowsもMacも対応のオールインワンDVD作成ソフト

Windows DVD メーカーもAppleのiDVDも写真をDVDに焼くことが簡単にできます。ただしその弱点も明らかです。すべてのパソコンに通用できないです。また、時間、精力、お金が必要です。では、MacでもWindowsでも簡単かつ便利で写真をDVDに焼く方法がないのでしょうか。答えはイエスです。それはLeawo DVD作成ソフトです。

Leawo DVD作成は、プロフェッショナルの写真からDVDへのプログラムで、簡単且つ効率的なソリューションを提供します。写真のフォーマットをもちろん、写真をDVDへ焼く、写真スライドをDVDディスク/フォルダ/ISOイメージファイルへ変換することができます。さらに、個人の写真をスライドショーに直接作成し、写真スライドショーをDVDへ焼くことも自由にできます。(MacでもLeawoより提供したDVD作成ソフトで写真スライドショー作成ソフトもあります)下記ガイドに従って、Leawo DVD作成ソフトの使用方法を勉強できます。

dvd-creator

Leawo DVD作成

☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをDVDに焼く

☉ DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RW全てのDVDメディアに対応

☉ メニューテンプレート自由に選択可能

☉ ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応

無料体験 無料体験