デジタル時代では、MP4、AVI、MOV、FLVなどのデジタル形式と比較して、DVDが最も重要かつ必要不可欠な物理形式だと思います。DVDは依然として重要な役割を果たしています。たとえば、コンピュータ上のファイルを誤って削除しないように、DVDディスクをバックアップ用ストレージデバイスとして使えます。または、DVDディスクに家族の集まりビデオを書き込んで共有し、DVDプレーヤーで再生することができます。
適切なDVDディスクを選択する方法や異なるDVDフォーマットの違いが気になるでしょう。データを記憶するDVDのサイズや容量が、選択のポイントです。DVDに保存できるデータ量はどのくらいですか?DVDを選ぶ際には、この問題を明確にする必要があります。次に、DVDに関する情報およびDVDに保存するデータの量についてさらに紹介します。

パート 1:異なるDVDフォーマット

 
DVD(Digital Versatile Disk)とは1995年にオランダのフィリップス社、ソニー、パナソニック、東芝などによって規格化された大容量光ディスクです。多用途向けの記録媒体であり第二世代の光ディスクの一種として、高品質な映像が保存できることで広く普及され、幅広い分野で活躍しています。DVDの規格、種類、サイズによって、容量が違っています。

詳細はこの記事『DVD-R DVD-RW DVD+R DVD+RWの違い

dvd

  • DVD+R and DVD-Rは書き込み可能型ディスク。一度だけ録画/記録を行うことができます。記録したデータは変更したり、削除したりすることはできません。容量が残っていれば、追記可能です。「プラス」と「ダッシュ」の違いは、記録規格が異なることによります。
  • DVD+RW and DVD-RWは繰り返し記録型ディスク。約 1,000回のデータの書き込みや書き換えが可能な DVDです。記録したデータを削除することもできます。DVD プレーヤーでも再生可能です。「プラス」と「ダッシュ」の違いは、書き込む規格が異なることによります。
  • DVD+R SL/DLおよびDVD−R SL/DLのRはDVDが記録可能であることを意味し、SL/DL はデータを保持量に影響する1層/2層記録が可能になります。一般的に、容量が多いほど、書き換え速度は遅くなります。
  • パート 2:DVDに保存できるデータの量

    異なるDVDフォーマットがDVDの機能に影響を及ぼすと言えば、DVDのサイズは、DVDがどれだけのデータを保存できるかに影響を及ぼします。上述のように、市販の1層DVDや片面DVDは、容量が小さく、2層DVDや両面DVDの方は容量が多いことが分かります。また、次の一般的なサイズのものから選択できます。

    dvd authoring
    • * DVD-5 SS SL: 片面、1層で4.7Gを保存可能、DVD+R/RW、DVD−R/RWと互換性があります。
    • * DVD-9 SS DL: 片面、2層で8.5Gを保存可能、DVD-R DL と DVD+R DLに対応しています。
    • * DVD-10 DS SL: 片面、2層で8.75Gを保存可能、DVD+R/RW と DVD-R/RWに対応しています。
    • * DVD-18 DS DL: 両面、2層で15.9Gを保存可能、DVD+Rフォーマットのみに対応しています。

    パート 3: 映像をDVDに書き込む方法

    上記の仕様を参考にして、DVDに保存するデータ量を簡単に知ることができます。すでに空のDVDディスクが手元にあったら、お気に入りのムービーの一つをどうやってDVDに書き込みますか。強力なDVD書き込みプログラムがあれば、簡単なことになります。180以上のビデオや写真を6倍速で書き込むことができ、あらゆる種類のDVDメニューテンプレートを無料で体験でき、自分の好みに合わせてビデオを編集できるという点で、Leawo DVD作成を強くお勧めます。以下の詳細な手順を参照してください。

    dvd-creator

    Leawo DVD作成

    ☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをDVDに焼く

    ☉ DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RW全てのDVDメディアに対応

    ☉ メニューテンプレート自由に選択可能

    ☉ ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応

    無料体験 無料体験