DVDを空白のDVDディスクにバックアップする時に、DVDドライブを1個のみ搭載した場合、どうすればいいのか?一度、デスクトップにコピーして、また空白のDVDディスクにバックアップしてみたら、結果は失敗しました。多くの人が、DVDをほかの空白のDVDディスクにバックアップしようとする時に、DVDドライブを1個のみ搭載したことにたいへん悩んでいてるでしょう。
実際に、このようなことはとても普遍的な問題です。特にノートパソコンの場合、DVDドライブを2個搭載しているのが非常に少ないことです。空白のDVDディスクにバックアップする時に、ドライブ1個しか有りないの場合は、ムダ扱いをたくさんするでしょう。明らかに、DVDドライブを2個搭載している方にとってより便利です。もし、快適な解決方法を探しているなら、ちょうど、こちらにとても便利でわかりやすい方法があります。それを使えば、今後、ドライブの数を悩ませないでしょう。

 

DVDコピーの基本

DVDコピーをする前に、大事なのは、異なる条件でDVDを空白のDVDディスクにコピーする手順を知り尽くすことであります。つまり、DVDドライブの数によって、手順も変わります。DVDコピーの基本をよく理解したことで、DVDコピーの概念を把握できるでしょう。

 

DVDドライブを1個のみ搭載している場合

もし、DVDドライブを1個のみ搭載している場合、DVDを空白のDVDディスクにコピーしたいなら、DVDドライブが読取機能と複写機能をついているかどうかを確かめてください。1個しか搭載している場合、コピー手順は少し複雑かもしれません:まず、ソースDVDディスクファイルを作成して、それを空白のDVDディスクの中にコピーします。DVDディスクバックアップに関して、一番流行っているやり方のはISOディスクファイルを作成することです。

 

DVDドライブを2個搭載している場合


この時、バックアップするのはとても簡単でやりやすいことです。搭載している2個のDVDドライブは読取機能と複写機能がついているどうかことを、まず、確認すべきことだと思います。確認した後、ソースDVDと空白DVDを別々のドライブにいれて、DVDコピーソフトを利用して、ソースDVDのデータを直接に空白DVDにコピーできます。

 

ご注意:
コピーガードに関して、国々によって、「技術的保護手段」が施されたTV録画および市販のDVD・Blu-rayのコンテンツを複製する行為は、各地の法律を違反しない前提で利用してください。同時に我々は、正規のDVDを購入した上で、コピーすることを主張します。全てのコピー/リッピング方法を推薦する目的は、DVD所有者が簡単にDVDコピーをできるためで、合法的な個人用途や家庭内利用の複製のみ認めるものであります。他人から借りったDVDをコピーするとか、商業目的などの違法複製は一切認められません。

 

コピーガードなしDVDをDVDにコピー(1個のドライブを搭載した場合)

前述のように、1個のディスクドライブを搭載した場合、先にISOファイルを作成して、空白のDVDディスクにコピーすることがあります。この方法は、コピーガードなしのDVDディスクにも適用されています。同時にWindowns7とWindowns8 OSなら、無料なDVDコピーソフトもあります。

Windows8.1/8/7で簡単に迅速でDVDコピーを済ませることができます。DVDディスク、DVDドライブを搭載するコンピューター、空白のDVDディスクがあれば、誰でも、この方法を簡単に身に付けることができます。唯一の制限条件は、コピーガードなしのDVDディスクだけに対応できることです。

Windows8/8.1でのDVDコピー

1.ソースDVDディスクをディスクドライブに挿入して、コンピューターに新しいフォルダを新規作成してください(ソースDVDディスクを保存できるようなスペースがあれば、どこでも構いません)。ソースDVDディスクにある全てのファイルを新しいフォルダにコピーしてください。
2.コピーが終わった後に、ソースDVDディスクを取り出してください。それから空白のDVD-R/DVD+R/DVD-RW/DVD+RWディスクをディスクドライブに挿入してください。Windowsオートプレー機能は自動的に空白のディスクフォルダを検出できます。自動的に検出できなかった場合、コンピューターアイコンをクリックして、DVDドフォルダアイコンをクリックしてください。
3.前コピーしたソースDVDデータを空白DVDフォルダにコピーしてください。コピー完了したから、Windows8での複製作業は全て完成です。

 

Windows7でのDVDコピー

1.Windows 7では、空白のDVDディスクを挿入した後、Windowsオートプレー機能の「ファイルをディスクに書き込みます」をクリックしてください。
2. ポットアップ「ディスクに書き込み」メニューから、「ディスクタイトル」を設定して、「CD/DVDプレーヤー付き」を選択して、DVDフォルダからDVDディスクにコピーし始めます。
3. コピー作業が終わった後、作成されたフォルダを、デスクトップにある「DVD書き込み」メニューにドラッグして、空白のDVDディスクに複製されます。

 
ご注意:
1.コピーガード付いているかどうかご確認ください。もし、コピーガード付きの場合、ソースDVDディスクをコンピューターへの複製作業が不可能となります。
2.DVDドライブを2個搭載している場合、上記の方法より更に、簡単な複製作業ができます。必要なのはソースDVDから空白のDVDディスクにコピーするだけです。

コピーガード付きDVDをDVDにコピー(搭載ドライブ1個)

コピーガード付きDVDディスクをコピーする時、暗号化されたコピー保護を解除し、複製することができるようのために、専門のDVDコピーソフトが必要です。コンピューターでコピーガード付きDVDディスクをコピーするために、下記のものを、事前にご用意ください。
コピー用意リスト
1.ソースDVDディスクと空白のDVD-R/DVD+R/DVD-RW/DVD+RWディスク
2.読取機能を付きDVDドライブ、十分なスペースがあるハードドライブ
3.Leawo DVDコピーソフト
4.ネットワークに接続

Download Windows Version
Download Mac Version

 
 
 
搭載ドライブ1個だけの場合に、下記の手順を従ってください。「ディスク>イメージファイル>ディスク」の手順でコピーしてください。

手順一:ソースDVDを追加

DVDディスクをDVDドライブに入れて、「Leawo DVDコピー」を起動します。
「BD/DVDを追加」ボタン右の下向きの矢印をクリックします。
プルダウンメニューでコピーしたいDVDディスクを開きます。

1-1

 

手順二:DVDコピーモードを設定

「フルムービ」「メインムービ」「カスタムモード」この三つの選択肢から、コピーモードを設定してくだい。

003
 

手順三:DVDバックアップを設定

画面右上に大きな緑りポタン「コピー」をクリックします。
ポットアップメニューから「コピー先」「ディスクラベル」を設定して、「コピー先」の「ISO ファイル」にチェックを入れます。
搭載しているDVDドライブが1個しかいないために、先にDVDディスクをISOファイルに保存しなければなりません。

1-1

 

手順四:コピー開始


「コピー」ボタンをクリックすると、DVDディスクをISOファイルにコピーされます。

1-1

 

手順五:ISOファイルを追加


もう一度Leawo DVDコピーを起動して、直接に作成したISOファイルをソフトにドラックします。
他に「BD/DVDを追加」ボタン右の下向きの矢印をクリックして、ISOファイルの追加することもできます。

1-1

 

手順六:ISOファイルをDVDディスクにコピー


ISOファイルの追加が完成した後、ポットアップメニューから、「コピー先」「ディスクラベル」を設定することができます。
空白のDVDディスクを、DVDドライブに挿入して、プログラムが自動的に「コピー先」を選択します。
最後、「書き込み」をクリックして、ISOファイルをDVDディスクにコピーし始めます。

001
 
ご注意:
1.もし、DVDドライブを2個搭載している場合、空白のDVDディスクを別のドライブに挿入して、「手順三」の「保存先」設定で、直接にDVDドライブを選択してください。
2. DVDドライブを2個搭載している場合、「手順五」と「手順六」も必要ではありません。「DVD-9」を「DVD-5」にコピーする場合、「DVD-9」をドライブに挿入してから、「手順二」を参考して、ディスク規格を「DVD-5」に設定してコピーします。
3. 「DVD-9」を「DVD-5」にコピーする場合、「DVD-9」をドライブに挿入してから、「手順二」を参考して、ディスク規格を「DVD-5」に設定してコピーします。