デジカメで撮影した動画をDVDディスクに書き込みしたいですが、やり方がわからないです。パソコンはWindows8で、動画をDVDに焼く方法を教えて下さい。
写真を撮るのが好きな方は、きっとこのような悩みを抱えているでしょう。自分が撮影した写真や動画を加工し、DVDに書き込むことで、大切な思い出は友だちと共有できます。そこで、今回は、パソコンで動画をDVDに焼く方法をご紹介いたします。

 

DVDディスクの用途

DVDディスクは、ビデオ用とデータ用があります。ディスクを作成する前に、まずディスク用途が決めなければいけないです。簡単に言えば、DVDを作成するには2つの方法があります。一つは動画を直接DVDに焼く方法と動画をDVDフォルダやISOファイルにして、DVDに焼く方法があります。ご注意ください。

ビデオ用DVDはDVD形式のメディアファイルとして、DVDプレーヤーやパソコンで再生できます。ほとんどのDVDディスクはビデオ用DVDです。家族や友だちに共有したい場合、ビデオ用DVDがオススメです。

データ用DVDはビデオファイルをデータファイルとして、DVDに保存できるDVD形式です。データ用DVDを利用する場合、パソコンでデータを編集することができ、データを追加することもできます。データ用DVDを再生するには、それに対応できるDVDプレーヤーが必要です。ビデオ用DVDと比べて、データ用DVDの互換性が低いです。

Windows/Mac環境で動画をDVDに書き込む方法

パソコンで動画をDVDディスクに焼く場合、やはりLeawo DVD作成がオススメです。
Leawo DVD作成すべてのビデオや画像フォーマットに追加可能で、簡単に高品質なブルーレイディスクを作成できます。各様なニーズを満たすために、DVD-5、DVD-9とISOイメージの出力に対応でき、強力な動画機能が搭載されています。動画の範囲を設定、透かしの追加、再生効果の編集などの操作は簡単に実行できます。

Download Windows Version
Download Mac Version

 

 

手順一:

書き込み可能なDVDディスクをドライブに挿入してください。
ソフトを起動して、「ビデオを追加」ボタンをクリックして、書き込みしたい動画ファイルを選択してください。
また、ドラッグ&ドロップで複数のファイルを一気に追加することができます。

 

1-2

 

メモ:ディスクタイプを選択するには、ソフト画面の左下にある選択肢で設置してください。またヒット率と再生画面の比率が設置できます。

1-2

 

手順二:

追加した動画ファイルの右にある「編集」ボタンをクリックしてください。
動画編集ペネルで自分のニーズに応じて設置してください。

 

1-2

 

手順三:

画面の右上にある大きな緑り「書き込み」ボタンをクリックしてください。
書き込み画面で「書き込み先」「ディスクラベル」「保存先」を設置してください。

 

1-2

 

メモ:DVDのビデオモードを設置することができます。メイン画面の右上にある歯車のアイコンをクリックしてください。設定パネルで「コピー&書き込み」をクリックして、「ビデオモードの設定」項目で設置してください。

1-2

 

手順四:

書き込みメニューの下にある丸い「書き込み」ボタンをクリックして、書き込み作業が開始します。

 

1-2