現在広く使われている主な光学ディスクは「CD」「DVD」「BD(ブルーレイ)」の3種類があります。CD、DVD、BDの違いはなんですか?音楽であればコンパクトディスク(以下CD)、映像であればDVDやブルーレイディスク(以下BD)ですよね。レンタルでも販売でも、ほとんどの人はそう思うでしょう。しかし、それだけでは足りないですよ。しかし、構造などの説明は複雑すぎるから、今日は主な違いを説明します。ご覧下さい。

パート1. CDとは

                          Zen Studio

コンパクトディスク(Compact Disc、CD(シーディー))とはデジタル情報を記録するためのメディアである。光ディスク規格の一つでレコードに代わり音楽を記録するため、ソニーとフィリップスが共同開発した。現在ではコンピュータ用のデータなど、派生規格の普及により音楽以外のデジタル情報収録(画像や動画など)にも用いられる。

CDの種類
1. CD-ROM: 読み取り専用となり、データの記録・削除はできません。音楽やアプリケーションなどのソフトを販売する際に使われます。市販のオーディオCDやアブリケーションCDがこのタイプ。容量は650MB 700MBなど~210MBなど(8cmCD)。
2. CD-R: 音楽・画像・テキストなど、様々なデータを一度だけ書き込むことができます。書き込んだ後に移動や削除や追加はできません。容量は650MB~700MB。
3. CD-RW: 音楽・画像など、様々なデータの読み書きに加え、約1000回程度のデータの書き換えが可能なディスクです。書き込むためには「CD-RW」に対応したレコーダーが必要です。容量は650MB。

パート2. DVDとは

                          Zen Studio

DVD(ディー・ブイ・ディー)は、デジタルデータの記録媒体である第2世代光ディスクの一種である。DVDフォーラムの記載[2]によれば0.6mm厚、直径12cmのポリカーボネート製の円板を2枚、張り合わせたもの。サイズはCD(コンパクトディスク)と同サイズであり、DVD-Video だけでなくコンピュータ用のデータ・ストレージ(保存媒体)としても使用される。読み取りには、650nmの赤色レーザーを使用。プレーヤーやドライブは、CD-DAやCD-ROMの再生にも兼用できるものが一般的である。

DVDの種類
DVD-ROM:読み出し専用型。DVDにコンピュータ用の読み取りファイルを記録したもの、ゲームやDVDビデオソフトなども含めたDVD-ROMはあくまで読み取り専用であり、。データの書き込む機能はありません。
DVD+R/DVD-R:書き込み可能型。一度だけ録画/記録を行うことができます。記録したデータは変更したり、削除したりすることはできません。書き込み可能な容量が残っていれば、追記可能です。
DVD+RW/DVD-RW:繰り返し記録型。約 1,000回のデータの書き込みや書き換えが可能な DVDです。記録したデータを削除することもできます。DVD プレーヤーでも再生可能です。

DVDの規格

DVDは四つの規格があります:片面一層(DVD5)、片面二層(DVD9)、両面一層(DVD10)、両面二層(DVD18)。ディスクの規格、サイズによって、容量が違っています。

種類 12cm 8cm
片面一層(DVD5) 4.7 GB 1.4 GB
片面二層(DVD9) 8.54 GB 2.6 GB
両面一層(DVD10) 9.4 GB 2.8 GB
両面二層(DVD18) 17.08 GB 5.2 GB

パート3. ブルーレイとは

                          Zen Studio

Blu-ray Disc(ブルーレイディスク)は、DVDの後継となる光ディスク。第3世代光ディスクの一種であり、青紫色半導体レーザーを使用する。規格は「Blu-ray Disc Association」が策定。一般的な略称は「BD(ビーディー)」、または単に「ブルーレイ」と呼ばれることも多い。

BDの規格

BD主な容量は25GB(1層)と50GB(2層)がある。波長405nmの青紫色半導体レーザーと、0.1mmのカバー層の光ディスクを使うことでレンズのNA値を(0.65から0.85に)上げ、DVDの5倍以上の記録容量(1層25GB、2層式ディスクの場合は50GB)を実現している。1層のディスク (25GB) でも日本の地上デジタル放送なら3時間強、日本のBSデジタル放送で2時間強のハイビジョン映像を収録可能。現在23.3GB/25GB/50GB/100GB/128GBのディスクが規格化されているほか、研究レベルではTDKが2009年、10層320GB、2010年には16層512GBの試作に成功するなど、記録容量の拡張が進められつつある。

BDの種類
1. BD-R: 一度だけ録画/記録を行うことができます。BD-Rでは、記録層に「無機系記録材料」または「有機系記録材料」を使用する。無機系は経年劣化に強いが高価である一方、有機系は従来のDVD-Rなどと同じものであり、製造コストが安いが経年劣化しやすい。当初は無機系ディスクの価格が高かったが、現在では価格に殆ど差は無くなったため、有機系記録ディスクの販売がなくなっている。
2. BD-RE: 書換え型ディスク。相変化記録技術方式を採用し、上書き可能回数は理論上、1万回以上とされている。(CD-RWとDVD-RWは1000回以上、DVD-RAMは10万回以上、光磁気ディスク方式は100万回以上)
3. BD-ROM: 読み出し専用。

パート4. 曲をCDに書き込む方法

曲をCDに書き込みたいなら、パソコンに内蔵しているWindows Media Playerというソフトで簡単にできます。詳細の方法は次の記事をご覧ください。

『MP3ファイルをCDに書き込む方法』

パート5. 動画をDVD/DVDに焼く方法

動画ファイルをDVDまたはBDに焼きたいなら、対応のディスクドライブが必要です。DVDはDVDドライブ、BDはBDドライブ。これだけでなく、相応の作成ソフトも必要です。例えば、動画をDVDに焼くにはDVD作成ソフトが必要で、動画をブルーレイに書き込みたい、BD作成ソフトが必要です。面倒だと思っていますか?心配しないで、今日は素晴らしいソフトを紹介します。このソフトで、動画をDVDまたはBDに簡単に書き込めます。それでは、今すぐこのソフトで動画をディスクに作成する方法を紹介します。

「Leawo 究極動画変換」はBlu-ray変換、Blu-ray作成、DVD変換、DVD作成、HD動画変換、オンライン動画ダウンロード、写真スライドショー作成、写真スライドショーをDVD/Blu-rayに焼くなどの機能を持つ8-in-1究極メディア変換ソフトである。このソフトを利用して、動画をディスクから取り出すことができます。動画をディスクに書き込むことも簡単になります。機能が一つずつ購入できるので、需要に応じて機能を購入することができます。すごく便利です。

media-converter-ultimate

Leawo 究極動画変換

☉ 動画/DVD/Blu-rayを180種以上の形式に変換可能
☉ 簡単に動画、ビデオをDVD/Blu-rayに書き込める
☉ オンライン動画&音楽をダウンロード
☉ 実用な使いやすい動画編集機能
☉ 英語、ドイツ語、フランス語など、多言語に対応

機能は一つずつ購入できますよヾ(*´∀`*)ノ

無料体験 無料体験

「Leawo 究極動画変換」で動画をDVD/BDに焼く方法

  1. 「Leawo 究極動画変換」を起動して、機能を選択します。DVD作成とBD作成の操作方法は同じなので、どっちを選択してもよろしいですよ。br />
    isoファイル追加
  2. 「DVD作成」または「Blu-ray作成」を選択して、「ビデオを追加」をクリックして、動画ファイルを追加します。追加された動画の概要が表示されます。書き込み可能なDVDディスクをドライブに挿入してください。画面の左下にある選択肢でディスクタイプを設置ください。
    isoファイル追加
  3. 追加した動画の右にある「編集」ボタンをクリックします。編集メニューは種類によって「トリム」「透かし」「切り抜き」「効果」「3D」五つの部分があります。ニーズに応じて細かい編集ができます。編集完成後、画面の右下にある「保存」ボタンをクリックしてください。
    1-2
  4. ソフト画面の右半分にテンプレートメニューがあります。目のアイコンをクリックして、ディスクメニューがプレビューできます。鉛筆のアイコンをクリックして、ディスクメニューの背景イメージやBGMが設置できます。
    1-2
  5. ソフト画面の右上にある長方形の「書き込み」ボタンをクリックしてください。書き込みメニューで「書き込み先」「出力形式」「ディスクラベル」などの設置ができます。設置完成以後、画面の右下にある丸い「書き込み」ボタンをクリックして、書き込み作業がスタートします。
    1-2

動画ガイド|Leawo DVD作成