ブルーレイディスクは、DVDディスクの後継者と言われる第三世代の光学ディスクの一種であり、容量が多い、コピープロテクト機能が優れることで、ディスク市場の主流となっています。今回は最も強力な動画編集機能を持つ、ブルーレイ書き込んみソフトが紹介されています。
かなり高機能で簡単に動画をブルーレイに書き込むできます。主に性能、対応OS、値段、日本語の対応性からおすすめします。実際に自分が利用することがあります。ご参考になってください。

Leawo Blu-ray作成

対応OS:Windowns&Mac
値段:5550円税込
日本語:対応

最初に紹介するソフトは「Leawo Blu-ray作成」というソフトです。任意の画像や音声ファイルが追加可能で、数クリックで簡単に高品質のブルーレイディスクを書き込むできます。また豊富な編集機能を持ち、ビデオ長さの調整、透かしを追加、ディスクメニューの作成などブルーレイディスクに細かい編集ができます。更に、現在流行っている3D効果も、自分で簡単に追加できます。まさに最強のブルーレイ書き込みソフトではないでしょうか。

「Leawo Blu-ray作成」でブルーレイを書き込む方法はコチラ>>

Download Windows Version
Download Mac Version

 

 

 

ImgBurn

対応OS:Windowns
値段:無料
日本語:対応できません

ImgBurn は、LIGHTNING UK!が開発した、CD、DVD、HD DVDやBlu-rayなどへに書き込みできる高機能なフリーのライティングソフトです。PCでISOファイルをブルーレイ一気に書き込むことができます。でも動画や画像などの場合は、先にISOに作成して、書き込むことが必要です。またコピーガードされたディスクにも対応できません。

PowerProducer6

対応OS:Windowns
値段:8,900円
日本語:対応できます

パワープロデューサーは、ブルーレイオーサリングソフトとして世界初めてBDXLの認証を取得したサイバーリンク社が開発販売して、高解像度のビデオ編集ソフトウェアです。追加する画像や音声ファイルを自動的に編集でき、マジックツールと呼ばれる強力な機能が搭載しています。素人でも、プロレベルのブルーレイディスクを書き込むできます。しかし、強力な機能を搭載していることで、動作環境に負担が多い、高レベルの配置が必要です。

以上はおすすめのブルーレイを書き込むできる三つのソフトです。ただ値段から見れば、無料のImgBurnが完勝ですが、日本語に対応できず、編集機能も搭載されていません。英語苦手の方々には、使いにくいと思います。
サイバーリンク社が開発したPowerProducer6は、強力なマジックツールが搭載していますが、値段がとても高いです。他社の製品より30%以上を上回っています。そして、MacOSの利用者たちが使用できません。
総合的に見れば、個人的にこの中の3つから更におすすめするとしたら、LeawoBlu-ray作成です。お得な値段で、かなり高品質のブルーレイディスクを書き込むできます。またWindowns&MacOS対応でき、デバイスの交換性が高いです。最高ブルーレイ作成ソフトと言えるのが決して過言ではありません。