バックアップは、iPhoneのデータを、何かあった時に復元する元のデータとして保管しておくことです。

バックアップを行っていないと、iPhone を無くした時・修理に出した時・調子が悪い時に、これまでのデータをすべて失ってしまいます。
バックアップを行っていれば、iPhone写真、アプリや連絡先などほとんどのデータをiPhoneに戻すことができますし、戻さないこともお自由に選択することができます。

iPhoneデータをパソコンにバックアップするには、(1)iTunesを使う方法、(2)プロなiPhoneデータバックアップソフトを使う方法、二つ方法があります。

(1)iTunesを使う方法では、iPhoneとiTunesを接続することで、手動でiPhone内のデータをパソコン内にバックアップすることができますが、使う方法はかなり手間がかかるし、データを失う可能はあります。

このような時に、(2)プロなiPhoneデータバックアップソフトを使う必要性があります。例えば「Leawo iTransfer」というソフトを使えば、大事なデータ(写真、SMS、電話帳、音楽、動画など)を全部一括にパソコンで保存、重要なカテゴリーだけをバックアップ、プレビューで必要なデータを確認しながら、ピンポイントで確実にパソコン(Windows/iOS PC)のフォルダにデータ転送することができます。

iTunesやiCloudよりシンプルで安全なバックアップが可能です。iPhoneの電話帳や写真を失くす不安から解消されて、復元を気にしなくてもよくなります。お手軽なので日々のバックアップが負担になりません。

Download Windows Version
Download Mac Version

 

 

iTunesを使う方法

■iPhoneとパソコンを接続

「設定」→「iCloud」の順にタップし、「ストレージとバックアップ」をタップします。

■バックアップの実行

上部の「概要」タブを選択します。バックアップ欄内の「自動的にバックアップ」で「このコンピュータ」を選択後、「適用」をクリックします。
そして、バックアップ終了までしばらく待ちます。

●すでに「このコンピュータ」が選択されている場合は、iPhoneとiTunesを同期することで、iTunes(パソコン)に自動でバックアップを作成可能です。

 

Leawo iTransferを使う方法

 

■iPhoneをコンピュータに接続してから、ソフトウェアを起動

iTransferは自動的にiPhoneを検出し、iPhoneのライブラリがソフト画面の左サイドバーに表示されます。ライブラリからファイルを選択してコンピュータにバックアップしてください。

1

■転送ボタンをクリック

ライブラリ内のすべてのファイルをiPhoneに転送するために転送ボタンをクリックしてください。または「Ctrlキー」を押しながら特定のファイルを選択して右クリックしてから、「転送先>マイコンピューター」を選択してください。

一

■転送オプションを設定、転送を開始

それで、転送設定のダイアログは出てきます。転送設定のダイアログで、「フォルダに保存」をチェックし、「変更」をクリックしてターゲットフォルダを選択してから、iPhoneファイルをパソコンでの保存先を設定することができます。

二
iTunesにファイルを転送したい場合は「リストに保存」をチェックし、「iTunes」を選択すればいいです。 「今すぐ転送」をクリックすれば、iPhoneのバックアップが開始します。

三


Leawo iTransferはiPhoneのデータをパソコンでバックアップできる機能だけでなく、iOSデバイス、iTunesとMacパソコンの間に全て種類のファイルを転送可能です。

ちなみに、このソフトは完全に無料体験でき、Mac版もWindows版も実用できるので、興味があれば、ぜひ一度ダウンロードして体験しましょう。

Download Windows Version
Download Mac Version