他のファイルと比べると、AVIはあまり圧縮されていないです。AVIファイルが他のファイルよりサイズが大きいのもそのお陰です。AVIを開くにも他のファイルよりトラブルが多いのです。なぜなら、ビデオとオーディオをいろんなコーデックでエンコードされたかもしれません。一方、ISOファイル、別ネームISOイメージは、シングルのファイルで、CD、DVDまたはBD全体を含めるファイルで、ディスクにあるすべての内容を一つのISOファイルにコピーできます。AVIムービーをISOファイルに焼く可能性がありますか。これから、AVIファイルをISOファイルに変換する簡単な方法を紹介します。AVIをISOに変換して焼くことは極めて便利なことをこれから分かります。

パート1:Leawo DVD作成でAVIをISOファイルに変換する方法

Leawo DVD作成はホームメイドのビデオやダウンロードしたAVIフォーマットのムービーを含め、全てのビデオソースをDVDにすることができます。このDVD作成ソフトで、ビデオをDVDディスク、フォルダ、またはISOイメージに焼くことができます。ISOファイルをDVDディスクに焼くこともできます。このDVD焼くソフトでは、DVDメニューテンプレートを多量に用意しており、ユニークな特徴を持つディスクメニューも作れます。Leawo DVD作成はDVD作成ソフトの中で最強のもので、ビデオを技術的な問題は一切なくでDVDに焼けます。

まず、パソコンにLeawo DVD作成をダウンロードしてインストールします。そして、プログラムを起動して、「書き込み」のモジュールにスイッチします。

ステップ1:AVIビデオを追加します

ビデオを追加

トップバーにある「ビデオを追加」のアイコンをクリックして、AVIファイルを導入します。

注意: ファイルを右クリックして、「編集」を選択して、自由にビデオを編集できます。ビデオのトリム、透かし効果の追加、クロップ、効果の調整、3Dビデオの作成などができます。

ステップ2:書き込み設定

書き込み設定

大きな緑色の「書き込み」ボタンをクリックして、書き込み設定パネルに入って、書き込み先、ディスクラベル、保存先などの設定ができます。AVIをISOファイルに焼くためには、「ISOファイル」を出力として選択する必要があります。

ステップ3:AVIをISOファイルに焼きます

書き込む

書き込みの設定をしましたら、ポップアップした書き込み設定パネルにある「書き込み」のボタンをクリックしますと、AVIをISOに焼き始めます。このAVIをISOに変換するソフト、Leawo DVD作成で、数分間で変換作業を完成します。

AVIをISOファイルをこれで変換完了です。ISOファイルを作成できましたら、そのままパソコンに保存できます。

パート2:Leawo DVDコピーで変換したISOファイルをDVDに焼く方法

ISOファイルの用途と言えば、一般的にはCD、DVD、BDディスクに焼くのです。これからLeawo DVDコピーでISOファイルをDVDに変換する方法を説明します。

まず、パソコンにLeawo DVDコピーをダウンロードしてインストールします。プログラムを起動して、「コピー」のモジュールに入って、書き込みの準備をします。

ステップ1:ISOファイルを追加

ISOファイルを追加

「Blu-ray/DVDを追加」のボタンをクリックして、ISOファイルを追加します。

ステップ2:ISOファイルコピーの設定

ISOファイルをコピー

ISOファイルを追加した後、ディスクのタイプ、コピーモード、字幕、オーディオトラックを選択します。下には出力するディスクサイズも表示します。大きな緑色の「コピー」ボタンをクリックすると、「コピー先」、「ディスクラベル」、「保存先」などのバックアップの設定もできます。

注意:
1. DVD内容を空白のディスクに保存する時は、「コピー先」を確認し、CD-ROMにある空白のディスクを「コピー先」として設定してください。
2. このDVDコピーソフトはDVD内容を一つのDVDディスクから別のDVDディスクへコピーする機能が持っています。もし一つのCD-ROMしかない場合、まずDVD内容をパソコンに保存し、その後別のディスクにコピーすればよいのです。

ステップ3:バックアップの開始

書き込む

最後は、サイドバーにある「コピー」ボタンをクリックすると、ISOファイルをDVDに変換し始めます。

Leawo DVD作成、AVIをISOに変換するソフトは、AVIファイルを簡単にISOファイルに変換できます。AVIファイルをこれからパソコンやDVDに保存することができます。パソコンの容量の節約が実現できます。最高でしょう!試しませんか!