MacBook ProにはもうiDVDが付いていないので、iDVDの代わりにMacでDVD作成する代替品はなんですか?」

「こんにちは!iDVD代替品がありますか。OS X El Capitan 10.11.1の全く新しいiMacを入手しましたが、お勧めにムービーをDVDに書き込むiDVDの最良代替品がありますか。よろしくお願いします。」

新しいMacにiDVDがない?Lionに更新した後iDVDが無くなった?はい、その通りです。iDVDはLionと山ほどのライオンと一緒に無くなりました。iLifeキットから購買してダウンロードしないかぎり、新しいMacでiDVDがプレインストールされることがありません。MacでDVD作成の代替案を探していれば、iDVDの代替品を見つかる必要があります。このガイドではMacでのiDVDなしでDVD作成するiDVDの効率的な代替品を紹介します。

パート1:iDVDでDVDを作成する方法

MacユーサーはiDVDがプレインストールされてあれば、MacでのiDVDでDVDを作成することが進められます。iDVDはMacでDVD作成には最适と最も有効的な対策であることは間違ありません。下記のガイドはMacでiDVDを使ってDVDを作成する方法について説明します。

MacでiDVDを使ってDVDを作成する具体的な手順

1.iDVDを起動します。

2. メニューバーから[ファイル]→[ムービーから OneStep DVD]。

3. iDVDでDVDに作成したムービーファイルにナビゲートし、読み込まれるかをご確認ください。

4. 空の書き込み可能なDVDディスク(DVD-RまたはDVD-RW推奨)をSuperDriveに挿入したら、MacでのiDVDはすぐムービーをDVDディスクに書き込みし始まります。

5. DVDが出されたら、テレビに接続されている通常のDVDプレーヤーに挿入し、お楽しみください。

Burn DVD with iDVD

最初にSuperDriveを持つMac用にのみ利用可能ですが、2011年からすべての新しいMacに含まれるようになりました。iDVD 6日以降、Appleはサードパーティ製のオプティカルドライブを使用してプロジェクトを作成する機能をサポートしています。iDVD はもうMac OS X 10.7 lion にプレインストールされていないし、Mac App Store での他すべての iLife アプリにもは利用できませんが、iLife ‘ 11 から iLife ‘ 13 までのパッケージ版にまだ利用可能でした。そのため、iLife 11またはそれ以降のバージョンを購入したくない場合は、iDVD無しのMacでDVDを作成することに対応するiDVDの代替品を見つける必要があります。

パート2:iDVD代替品の選択方法

iDVDの代替を入手することは、iDVD無しのMacでDVDを作成したいMacユーザーにとって急務となるようです。今の問題は、どうやってiDVDの代替品を選択、またはiDVD無しのMacでDVDを作成するための一番良いiDVDの代替ソフトウェアがどうやって判断することになります。Mac用のどのiDVD代替品を選択すべきかを決める基準は人によって変わります。iDVD とMac用のさまざまなDVD作成ソフトウェアとの比較を行うことにより、正しいiDVD代替品をご選択できるように、いくかつ重要な要素を厳選しました。

1. DVDにすべてのビデオを焼きます
2. ディスクメニュー付きでDVDを焼きます
3. 自由にビデオを編集する
4. 別のDVDファイルを書き込みます
プロフェッショナルなディスククリエイターとして、本製品でMKV、AVI、MP4などの一般ビデオをDVDに変換することができます。誰でも、すべてのファイルから簡単にDVD-5 / DVD-9 / ISOイメージを手に入れることができます。
 
スタンダード、ビジネス、教育、休日、自然、その他、カスタマイズされた DVDメニューのテーマ、あなたがそれを採用するか、さらに設計を行うことを検討するために、リアルタイムのメニュープレビューを持つことができますがあります。 インスタントビデオのプレビューも構わない。
 
画像やテキスト透かしの追加、ビデオの長さの調整、ビデオのサイズのトリム、ビデオエフェクトの調整を含め、実用的なビデオ編集機能で出力ファイルを自由に編集することができます。
 
最高のiDVDの代替ソフトウェアとして、このプログラムは、DVDディスクにビデオを焼く必要があるか、DVDフォルダまたはISOイメージファイルに動画を変換します。iDVDのと同様に、それはまた、DVD-R、DVD+ R、DVD-RW、DVD+ RW、DVD-5、DVD-9のようなディスクタイプの広範囲をサポートする必要があります。

もちろん、これらの4つの基準は、iDVD代替案の特長を基づいただけで、iDVDの代替案の確定に不十分です。プログラムの安定性、DVD書き込み速度、作成したDVDの品質、使いやすさ、価格/コスト、ISOイメージ作成能力、字幕や音声選択の権限、などを含むほかの有用な要素もあります。これらの機能を参照して、どのiDVD代替案をご使用するかを決められます。

パート3:三大iDVD代替品

どのようなiDVD代替品を入手できるとどれが一番良いiDVD代替品かをお分りやすくなるように、Mac用のiDVD代替品を次の様にお選びしました。詳細については以下の内容をご確認ください。

N0. 1 一番良いiDVDの代替品 – Leawo DVD作成 for Mac

Leawo DVD作成 for Macは、Macユーザーが簡単にMacでDVDコンテンツを作成するための最高のMac DVD作成ソフトウェアです。必要に応じてDVD-5またはDVD-9形式で、MacでビデオをDVDディスク、DVDフォルダ及びISOイメージファイルに書き込むことができます。さらに、1つのクリックでMacコンピュータでISO ファイルをDVDディスクに書き込むことができます。そのうえで、内蔵のフォトスライドショー作成は、Macで直接写真をDVDフォトスライドショーに書き込むことができます。Leawo DVD作成は、個人特許取得済みのDVDファイルを入手するためのいくつかの面白い追加機能を提供しています:内蔵の2D – 3D変換を使って3Dムービーを作成可能;内蔵のビデオエディタでビデオを編集可能;ディスクメニューデザイナを使用すると、プリセット デイスクメニュー テンプレートを設計可能。

Leawo DVD Creator for Mac

No.2最高のiDVD代替 – 「Burn」

「Burn」は、Mac OS X用の無料iDVD代替品です。シンプルな画面で、オーディオ、ビデオ、写真をディスクに作成することができ、さらに、データやオーディオディスに対応することが可能です。

特長:

  • 異なる OS を持つユーザーと共有できるように、さまざまなファイルシステムを選択
  • 簡単に標準なオーディオCDディスクを作成
  • ビデオからDVDビデオディスクまで、幅広いビデオディスクを作成できます。

No.3 最高のiDVD代替品– Roxio Toast

Roxio Toastは、Mac OS X用の完備なデジタル メディア ツールキットです。Roxio Toastの新機能は、Toast Audio Assistantでオーディオのキャプチャ、編集、および強化することです。Toast MyDVDを使用した高度なDVD作成機能。タイトル、メニュー、チャプター付きのDVDムービーを作成します。CDやDVDをコピーし、データーや音楽を書き込む。画面を録画して、ナレーションを追加します。動画を変換し、iPad、iPhone、Apple TVなどの端末で再生。また、iPhone 6 とSamsung Galaxy S6にも対応しています。

パート4:iDVD無しでDVDを作成する方法

Leawo DVD作成 for Macは、最高のiDVD代替品で、iDVD無しで簡単にMacでDVDを焼くことができます。QuickTime MOV だけでなく、MP4,AVI,MPEG,AVCHD,FLV,M4V,F4V等からもDVDに作成することができます。内部ビデオエディタ、2D – 3D変換、ディスクメニューエディタ等のような複数の役に立ち、ユーザフレンドリな機能を提供しています。

Leawo DVD 作成 for Macのメリット:
MP4、AVI、MKVのようなすべてのビデオファイルをDVDに作成可能

品質の損失なしにDVD-5、DVD-9とISOイメージファイルにDVD作成
複数のメニューテンプレートとカスタムデザインが搭載
ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応

dvd-ripper dvd-ripper-mac

iDVD無しでDVD作成する具体的な手順::

このiDVD代替品を使用する場合、上記リンクからパソコンにダウンロード、インストールします。そして、iDVDの代わりにLeawo DVD 作成 for Macを利用して、DVD作成について、下記の手順を従ってください。また、Windows用バージョンもあります。あなたのコンピュータシステムに対応しているものを選択することができます。

手順1. ビデオを追加する

Leawo DVD 作成を起動し、焼くモジュールに入って、「ビデオを追加」ボタンをクリックします。そこで、ビデオを読み込むことができます。

ビデオを追加

ご注意:

  1. ビデオをDVDディスクに書き込みする場合、事前に空白の書き込み可能なDVDディスクをディスクレコーダーに挿入することが必要です。
  2. ソースビデオを追加したら、Leawo DVD作成のインターフェイスの下にある選択肢から、挿入したディスクのディスクドライブに応じてディスクタイプを選択し、ディスクのアスペクト比と画質を設定してください。

手順2.ビデオ編集(オプション)

ビデオの長さの調整、ビデオのサイズのトリム、ビデオエフェクトの調整、画像やテキスト透かしの追加を含め、お好みにビデオを編集する事ができます。導入したビデオに右クリックして、「編集」をクリックしますとその編集画面に入ります。

ビデオを編集

手順3.ディスクメニューの設定(オプション)

メインインタフェースの右側のサイドバーには、出力したビデオをディスクメニューとして設定/選択する事ができます。選択したディスクメニューの真ん中にクリックしますと、インスタントプレビューができます。

ディスクメニューを設定

ご注意:

  1. ディスクメニュープレビューの画面で、鉛筆の形のボタンをクリックしますと、ディスクメニューをお好みに編集できます。背景の音楽、画像、ビデオの添加だけではなく、タイトルの位置や内容などの修正もできます。さらに文字の色やフォント、サイズなどを調整できます。
  2. 一回設定しましたら、保存して次の時もそのままコピーできます。

手順4.その他の設定

ディスクメニューの設定が完成しましたら、メインインタフェースに戻って、大きな緑色の「書き込み」ボタンをクリックします。ポップアップしましたサイドバーにはき込み、ディスクラベル、保存先の設定を行います。

書き込み設定

ご注意:

  1. Leawo DVD 作成にてDVDディスクを焼く時は、「書き込み」ボタンの下に、DVDディスクレコーダードライブを出力として選択してください。
  2. 「焼き込み先」にはDVDディスク、フォルダ、ISOイメージファイルという選択肢があります。
  3. 右上の輪のボタンをクリックして、「コピー&書き込み」の処で書き込みエンジン及びビデオモードの設定を行う事ができます。

手順5. ビデオをDVDに焼く

サイドバーの底部にある「書き込み」ボタンをクリックすると、ビデオをDVDディスクに焼きます。この焼くインタフェースには、そのプロセスを見ることができます。

書き込む