今、MacBook ProにiDVDが付いていなくなりましたので、iDVDの代わりにMacで動画をDVDに作成できる代替ソフトウェアがありませんか?」

「こんにちは!iDVDの代替プログラムがありますか。OS X El Capitan 10.11.1が搭載する新しいiMacを入手しました。iDVDが使えなくなりましたでしょう。ムービーをDVDに書き込むには、何か良いソフトウェアがあったら、教えてください。よろしくお願いします。」

新しいMacにiDVDがない?Lion(ライオン)にアップデートした後、iDVDが無くなった?確かに、Mac OS X Lionまたは以降のオペレーティングシステムを更新した後、MacにiDVDがコンピュータに付属していなくて、消えてしまいました。iLife11のDVD版を購入して、パソコンにiDVDをインストールすれば、iDVDをまた使えるようになります。しかし、前のようにうまく稼働できなくて、動作中にエラーが発生したばかりかもしれません。この場合、Mac向けに、iDVDの代替ソフトウェアを探さなければなりません。このガイドではiDVDの代わりになるソフトウェア3選及びiDVDの代わりになる最高のソフトウェアでDVDを作成する方法を紹介いたします。

パート1:iDVDでDVDを作成する方法

MacでiDVDを利用して、動画をDVDに書き込むことがあれば、iDVDの使いやすさが十分にわかりますでしょう。iDVDはMacでDVD作成のに最も有効的なソリューションであることは間違ありません。MacでiDVDがインストールされている方は、下記のガイドに従って、MacでiDVDを使って動画をDVDに書き込むことができます。

iDVDを利用して、動画をDVDに書き込む具体的な手順

1.iDVDを起動します。

2. メニューバーから[ファイル]→[ムービーから OneStep DVD]の順をクリックします。

3. DVDに書き込みしたい動画ファイルをナビゲートして、iDVDに追加します。

4. 空の書き込み可能なDVDディスク(DVD-RまたはDVD-RW推奨)をSuperDriveに挿入して、iDVDで動画をDVDディスクに書き込みし始まります。

5. 動画をDVDに書き込む作業が終わったら、DVDをテレビに接続する汎用的なDVDプレーヤーに挿入すると、スムーズにDVD映画を鑑賞できます。

Burn DVD with iDVD

最初にSuperDriveを持つMac用にのみ利用可能ですが、2011年からすべての新しいMacに含まれるようになりました。iDVD 6以降、Appleはサードパーティ製のオプティカルドライブを使用してプロジェクトを作成する機能をサポートしています。iDVDはMac OS X 10.7 lion にプレインストールされていないし、それに、Mac App StoreでもiLifeアプリでも利用されないが、iLife 11からiLife 13までのパッケージ版で利用可能です。そのため、iLife 11~iLife 13バージョンのパソコンを購入したくない場合は、iDVDの代わりになる代替ソフトウェアでDVDを作成することをお勧めします。

パート2:iDVDの代わりになるものを選択する方法

iDVDの代替ソフトウェアを入手することは、iDVD付いていないMacでDVDを作成したいMacユーザーにとって急務となるようです。では、どうやってiDVDの代替ソフトウェアを選択しますか。また、iDVD付いていないMacでDVDを作成するための一番良いiDVDの代替ソフトウェアは何ですか。Mac用のどのiDVD代替ソフトウェアを選択すべきかを決める基準は人によって違います。iDVDとMac用のさまざまなDVD作成ソフトウェアとの比較を行うことにより、正しいiDVD代替ソフトウェアをご選択できるように、いくかつ重要な要素を厳選しました。

1. DVDにすべてのビデオを焼きます
2. ディスクメニュー付きでDVDを焼きます
3. 自由にビデオを編集する
4. 別のDVDファイルを書き込みます
プロフェッショナルなディスククリエイターとして、本製品でMKV、AVI、MP4などの一般ビデオをDVDに変換することができます。誰でも、すべてのファイルから簡単にDVD-5 / DVD-9 / ISOイメージを手に入れることができます。
 
スタンダード、ビジネス、教育、休日、自然、その他、カスタマイズされた DVDメニューのテーマ、あなたがそれを採用するか、さらに設計を行うことを検討するために、リアルタイムのメニュープレビューを持つことができますがあります。 インスタントビデオのプレビューも構わない。
 
画像やテキスト透かしの追加、ビデオの長さの調整、ビデオのサイズのトリム、ビデオエフェクトの調整を含め、実用的なビデオ編集機能で出力ファイルを自由に編集することができます。
 
最高のiDVDの代替ソフトウェアとして、このプログラムは、DVDディスクにビデオを焼く必要があるか、DVDフォルダまたはISOイメージファイルに動画を変換します。iDVDのと同様に、それはまた、DVD-R、DVD+ R、DVD-RW、DVD+ RW、DVD-5、DVD-9のようなディスクタイプの広範囲をサポートする必要があります。

もちろん、これらの4つの基準は、iDVD代替案の特長を基づいただけで、iDVDの代替案の確定に不十分です。プログラムの安定性、DVD書き込み速度、作成したDVDの品質、使いやすさ、価格/コスト、ISOイメージ作成能力、字幕や音声選択の権限などを含むほかの有用な要素もあります。これらの機能を参照して、どのiDVD代替案をご使用するかを決められます。

パート3:iDVDの代わりになるソフトウェア3選

上記でiDVD代替ソフトウェアの選び方を紹介しました。一体、どのようなiDVD代替ソフトウェアを入手できるか、どれが一番良いか。下記では、Mac用のiDVD代替ソフトウェアをまとめました。

N0. 1 一番良いiDVDの代替ソフトウェア – Leawo DVD作成 for Mac

Leawo DVD作成 for Macは、Macユーザーが簡単にMacでDVDコンテンツを作成するための最高のMac DVD作成ソフトウェアです。必要に応じてDVD-5またはDVD-9形式で、MacでビデオをDVDディスク、DVDフォルダ及びISOイメージファイルに書き込むことができます。さらに、1つのクリックでMacコンピュータでISO ファイルをDVDディスクに書き込むことができます。そのうえで、内蔵のフォトスライドショー作成は、Macで直接写真をDVDフォトスライドショーに書き込むことができます。Leawo DVD作成は、個人特許取得済みのDVDファイルを入手するためのいくつかの面白い追加機能を提供しています:内蔵の2D – 3D変換を使って3Dムービーを作成可能;内蔵のビデオエディタでビデオを編集可能;ディスクメニューデザイナを使用すると、プリセット デイスクメニュー テンプレートを設計可能。

Leawo DVD Creator for Mac

No.2最高のiDVD代替ソフトウェア – 「Burn」

「Burn」は、Mac OS X用の無料iDVD代替ソフトウェアです。シンプルな画面で、オーディオ、ビデオ、写真をディスクに作成することができ、さらに、データやオーディオディスに対応することが可能です。

特徴:

  • 異なるOSを持つユーザーと共有できるように、さまざまなファイルシステムを選択
  • 簡単に標準なオーディオCDディスクを作成
  • ビデオからDVDビデオディスクまで、幅広いビデオディスクを作成できます。

No.3 最高のiDVD代替ソフトウェア– Roxio Toast

Roxio Toastは、Mac OS X用の完備なデジタル メディア ツールキットです。Roxio Toastの新機能は、Toast Audio Assistantでオーディオのキャプチャ、編集、および強化することです。Toast MyDVDを使用した高度なDVD作成機能。タイトル、メニュー、チャプター付きのDVDムービーを作成します。CDやDVDをコピーし、データーや音楽を書き込む。画面を録画して、ナレーションを追加します。動画を変換し、iPad、iPhone、Apple TVなどの端末で再生。また、iPhone 6 とSamsung Galaxy S6にも対応しています。

パート4:iDVDの代わりになる最高のソフトウェアでDVDを作成する方法

Leawo DVD作成 for Macは、最高のiDVD代替ソフトウェアで、iDVD無しで簡単にMacでDVDを焼くことができます。QuickTime MOV だけでなく、MP4,AVI,MPEG,AVCHD,FLV,M4V,F4V等からもDVDに作成することができます。内部ビデオエディタ、2D – 3D変換、ディスクメニューエディタ等のような複数の役に立ち、ユーザフレンドリな機能を提供しています。
関連記事:【2019年版】最高の3Dブルーレイディスク映画

dvd-creator

Leawo DVD作成

☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをDVDに焼く

☉ DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RW全てのDVDメディアに対応

☉ メニューテンプレート自由に選択可能

☉ ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応

無料体験 無料体験