動画形式を変換する必要がありますか?どの変換ソフトを使うべきか悩んでいますか?高性能の動画変換ツールをお探していますか?

実際、メディア変換作業をする時に、性能の高い動画変換ツールを手にするかしないかで、大きな差が現れるということはAppleユーザーには特に顕著となります。市販では多くの動画変換ソフトが出回っていますが、その中でも3つのソフトがGoogle Rankingで最も高い人気を獲得したものです。

 

No.3:「Any Video Converter」

Any Video Converterで動画ファイルを好みの拡張子に変換することができるソフトです。加えて、動画からオーディオ、サウンド、BGMを取り出したり、複数の異なる拡張子間での動画変換にも対応しています。オンラインでの動画ダウンロードにもできます。追加の機能として、オンラインで音楽もダウンロードでき、さらにこれらをお好みの拡張子の音声ファイルに変換することも可能です。Any Video Converterで変換した動画をAny DVD Creatorを通して家庭用DVDにしてしまえばDVDプレイヤーやテレビで楽しむこともできます。

動画をクリップ、トリム、切り抜き、回転、一つに結合などの編集う機能があります。字幕、オーディオトラック、透かし、特殊効果を追加。動画コード、寸法、ビットレート、フレームレート、サンプルレート、チャンネル、動画やオーディオのプロファイルを編集もできます。

 

No.2:「Total Video Converter」

Total Video Converterは様々な種類の一般的拡張子を変換できます。動画を3D変換に対応させることも可能です。14種類の3Dパターンがあり、有名メディアプレイヤーソフトウェアと互換性のある動画の変換も行ないます。Total Video Converterは、動画ファイルを他のデバイス向けに変換できます。様々なオーディオ拡張子の変換や動画からのオーディオトラック抽出にも役立ちます。この動画変換ソフトウェアはさらに、ビデオを設定を変更することでの効果の追加、ボリューム変更、切り抜き、複数ビデオの連結、透かしとしてのテキストや画像の追加などの編集機能も搭載します。

 

No.1:「Leawo HD動画変換プロ」

Leawo HD動画変換プロはベスト人気の動画変換ソフトとして、動画およびオーディオファイルを汎用形式の(MKV, MP4, AVI, FLV, MOV, MP3, AAC, WMV, 3GPなど)へと変換できるし、特定の形式でなければ転送できないデバイスに保存したい場合、様々なデバイス(iOSデバイス, iTunes, Androidデバイス, スマートフォン, タブレットなど)に取り込んで再生できる形式に変換することもできます。また、ソース動画ファイルからの字幕やオーディオトラックの選択や、お好みの言語での閲覧用に複数の字幕追加も行なえます。

そして、トリム、クロップ、エフェクト、2D動画を3D化など便利な編集機能も搭載されて、お好きに動画にスペシャルな効果を追加することができます。強力なプロファイル編集機能を搭載され、出力ファイル動画およびオーディオのプロファイルを細かく設定することのできる(動画コーデック、動画サイズ、ビットレート、アスペクト比、フレームレート、オーディオコーデック、チャンネルなど)動画変換ソフトです。

これに加え、出力ファイルとして選ぶための字幕とオーディオトラックを自動で検出します。 Leawo HD動画変換プロに搭載されたメディアプレイヤーでは、動画の再生やスクリーンショットの撮影と保存(BMP, PNG, JPG)も可能です。ファイル読み込み機能で複数のファイルを一度にインポート、一括変換機能で多くのファイルをまとめて変換し、時間も手間も省きましょう。

このあらゆる機能が備わった動画変換ソフトは、動画やオーディオをあっという間にダウンロード、変換でき、出力するファイルの品質の高さも光ります。

Download Windows Version
Download Mac Version