多くの人は、4K UHDの登場によって、1080P解像度の端末が減少すると予測しました。しかし、これらの端末は過去数年間にわたって依然として市場の主力になっています。なぜでしょうか?周知のように、高解像度の理由から、4K解像度が注目されています。しかし、「表だけのコインはない」と同様に、ビデオ解像度が高いほど、ネットワーク環境の要件は高くなります。4K UHDは、主にデジタルシネマやUHDテレビで使用されています。しかし、4K対応のアプリケーションやディスプレイは少ないし、これらのビデオを4Kビデオプレーヤーで再生するオプションは限られています。かつて、4Kより1080PまたはHD(1080P分解能がHDに属している)が入手しやすいです。したがって、多くの人々はさまざまな方法で4Kを1080Pに変換したいと考えています。今日は、必要な4Kビデオ変換をいくつか紹介し、それらの変換を使用して4Kを1080Pに変換する方法を順に示したいと思います。

パート 1: プロフェッショナルな「4K→1080p変換」で4Kから1080pに:Leawo HD動画変換プロ

Leawo HD動画変換プロは、RM、RMVB、VOB、DAT、VCD、SVCD、ASF、MOV、QT、MPEG、WMV、FLV、MKV、MP4、3GP、DivX、XVID、 AVIやその他のビデオフォーマを対応している利用しやすい映像および音声変換ソフトです。元のフォーマフォーマをモバイル機器で対応されている音声あるいは映像フォーマットに転送したい場合は、これらのフォーマは随時編集可能です。

Leawo HD動画変換プロの大まかな概念を理解したら、ノートPC(Windows OS)でこの変換の使用方法を順に紹介します。

ステップ 1: Leawo HD動画変換プロの無料試用版をダウンロードしてインストールします。ほんの数分かかります。ソフトウェアを簡単に見つけるために、デスクトップのショートカットを作成してください。

   

ステップ 2: 前の手順でインストールした4K→1080P変換を立ち上げます。8つのセクション並んでいるので、一目瞭然ですが、今日の目的は、4Kビデオを1080Kに変換することです。「HD動画変換プロ」をクリックしてみましょう。

ステップ 3: ご覧のように、ビデオを追加するには2つの方法があります:4Kビデオファイルを「ファイルをここにドラッグ」エリアにドラッグ&ドロップするか、直接「ビデオを追加」をクリックしてターゲットファイルを追加します。

ステップ 4:ソフトにファイルを追加した後、ビデオフォーマットおよび他のパラメータを編集する。ご覧のとおり、「字幕」ボタンの上にはMP4ビデオ(時には他のビデオフォーマ)があり、そこで映像や音声ファイルを編集できることができます。ボタンをクリックしてセットアップを開始します。

HDビデオのオプションを確認し、ボタンの下に映像フォーマットを選択します。ここでは、「HD MP4映像」を出力ビデオフォーマットとして選択しました。もちろん、 「Common Video」、「4K Video」も表示できます。これらのボタンも編集に便利です。

ステップ 5:「変換」をクリックして、4KをHDに変換します。ノートPCや他の端末のハードディスク容量に注意しながら、変換するファイルの変換先を正しく指定ください。下の 「OK」を選択し、 「変換」をクリックします。ソフトのライセンスがアクティブ化になった、またはソフト購入した場合、自由に使用することができます。そうでなければ、無料変換ファイルの長さはわずか5分間しかありません。

しばらくすると、さっき指定した場所にHDファイルが表示されます。

パート 2: 無料オンラインビデオ変換で4Kを1080Pに変換する

ネット上にほかの「4K→1080P変換」がたくさんあります。特に下記フリーソフトを見たことがあるかもしれます。例えば、

  • HandBrake
  • Format Factory
  • Pavtube 究極動画変換
  • BlackMagic 4K ビデオ変換
  • Makemkv

これら5つのフリー変換ソフトは、Windowsシステム用のトップ5の4Kビデオ変換とみなされます。Format Factoryを例に挙げて説明します。

ステップ 1: フォーマットファクトリーをネット上から無料でダウンロードし、PCにインストールしてからソフトウェアを実行すると、パネルが次のように表示されます。

ステップ 2:4Kを1080Pフォーマのビデオに変換し、携帯端末で見るために、メインボタン「モバイルデバイス」をクリックするか、縦線を移動してターゲットのフォーマットを見つける必要があります。「モバイルデバイス 」をクリックした後、下の画面が表示されます。「プロファイル」の下にあるボタンをクリックして、ターゲットフォーマット 「MP4 HD AVC 1080P」または「MP4 HD HEVC 1080P」を選択し、 「名前を付けて保存」をクリックしてプロファイルに名前をつけ、 「ok」をクリックすると設定が確定されます。ここでは、詳細設定の編集機能は表示されません。

ステップ 3:「出力フォルダ」をクリックして、出力ファイルを十分なスペースのある場所に保存します。「ファイルを追加」をクリックして4Kフォーマのビデオをインポートします。マルチタスク送信を行う場合は、さらにビデオを追加できます。次に、「OK」ボタンをクリックして、4Kから1080Pへの変換を開始します。

ステップ 4:「開始」をクリックして進みます。変換の過程で「一時停止」と「中止」ボタンをクリックすることもできます。数分後に、PCで出力ファイルが表示されます。

これらの2つの変換についでの感想を聞かれると、まず、ほとんど同じ機能を持っていることを認めなければなりませんが、詳細について言えば、Leawo HD動画変換プロのほうは使いやすいようです。たとえば、Leawo HD動画変換プロには、ビデオをプレビューするためのプレーヤーが内蔵されています。一方で、Format Factoryは外部リンクが無ければ、この機能を実現することができません。Leawo HD動画変換プロのビデオは、3D効果やその他の編集機能のように編集することができますが、Format Factoryでは編集できません。
ネット上のビデオ変換の多くは無料ですが、ビデオ変換をよく利用する方であれば購入することをおすすめします。なぜならば、長い時間を待たずに、モバイル機器でHDフォーマのビデオを見たいからです。Leawo HD動画変換プロやその他の優れた変換はビデオを1分間で転送し、無料のビデオ変換と比べ、さまざまな選択可能な機能を搭載しています。「紙上得来終覚浅、絶知此事要躬行」。私が正しいかどうかを知りたいならば、これらの変換ソフトをお試し、楽しんでください!