ブルーレイは優れたビデオとオーディオ品質が提供できます。DVDより圧倒的に画質が良いので、店で販売しているブルーレイディスクがどんどん増しています。しかし、ブルーレイをDVDに変換する方法を探している人もたくさんいます。それはなぜですか?今日は、BD、DVDのメリットとデメリット、ブルーレイをDVDに変換する方法について説明します。

パート1. ブルーレイ、DVDのメリット、デメリット

ブルーレイは高度な技術を使って、DVDより、容量が圧倒的に大きいです。(記事:『DVDより、ブルーレイの方が容量が大きい原因』)店で映画、ライブ映像などを買う時、通常はDVDとブルーレイディスク両方あり、自由に選択できます。

日本映像ソフト協会(JVA)からの『2017年(1月~12月)の年間実績』から見ると、2017年、DVDビデオの売上数量は44,423,430本で、ビデオソフトの売上構成比70.3%。ブルーレイの売上数量は18,747,229本で、構成比29.7%となった。

Blu-ray-to-DVD-9

ブルーレイはDVDより、容量が大きくて、画質も高くて、なぜ売り上げ数量が低いですか?メリットとデメリットから分析します。

メリット:

1.容量
DVDの容量: 片面1層(4.7GB) 片面2層(8.5GB)
BD の容量: 片面1層(25GB)  片面2層(50GB)
(記事:『DVDより、ブルーレイの方が容量が大きい原因』
ブルーレイディスクは大容量を実現しているため、高画質・高音質での録画・再生が可能です。

2.画質
DVDの画素数:35万画素  解像度:720×480
Blu-ray Diskの画素数:207万画素  解像度:1920×1080

3.音質
DVDの標準音声:AC3(ドルビーデジタル)
ブルーレイ:AC3、ドルビーTrueHD、HDオーディオ

デメリット:

1. 価格
仕組みが複雑で、ブルーレイディスクの価格はDVDより高いです。それだけでなく、DVDプレーヤーより、BDプレーヤー、BD再生ソフトも同じです。

2.寿命
DVD、ブルーレイをきちんと保存すれば、20年に経っても綺麗に再生できますが、DVDより、ブルーレイは傷に弱いです。BDの盤面に少し傷がついただけでも読み込めなくなる可能性があります。逆にDVDの場合は少しぐらいであれば傷があっても再生できることが多いようです。

2. 交換性
DVDはBDプレーヤーで再生できますが、BDはDVDプレーヤーで再生できません。

3. プロテクト
DVDはCPRMというコピーガードが付いています。ブルーレイはAACSというプロテクトがあります。AACSは、コンピュータ・家電メーカーが結成した団体AACS LAが策定した映像コンテンツのコピープロテクト規格。AACSは、既存のコピーガード技術とは違い、Blu-ray Discソフトに書き込まれており、最新のBlu-ray Discによってバージョンが自動的にハードウェアに書き換えられている。また、一度AACSが突破されると、より強固な暗号鍵のバージョンに更新されていく。今後、AACSは破る側とのいたちごっこの状態に陥る可能性がある。
そのため、BDプレーヤーとBD再生ソフトのAACSを更新する必要があります。不便です。

パート2. ブルーレイをDVDに変換する方法

パート1の通り、ブルーレイはDVDと同じ、お互いにメリットとデメリットがあります。様々な原因で、ブルーレイをDVDに変換したい人がいるので、今は、ブルーレイをDVDに変換する方法を説明します。

ブルーレイをDVDに変換する前に、手前のBlu-ray DiskとDVDを確認する必要があります。

1. ブルーレイディスクはBD50BD25二規格があります。
2. DVDはDVD-9DVD-5二つ規格があります。また、DVD-R DVD-RW DVD+R DVD+RW四種類があります。
(詳細は記事『DVD-R DVD-RW DVD+R DVD+RWの違い』をご覧ください。)

用意すべきもの:

パソコン、ブルーレイドライブ、ブルーレイ DVD 変換ソフト、変換したいBD、空のDVD
ブルーレイ DVD 変換ソフトがないなら、「Leawo Blu-rayコピー」を勧めします。今まで使ったソフトの中で、一番使いやすいBD DVD変換ソフトです。

「Leawo Blu-rayコピー」は専門的なブルーレイコピーソフトとして、Leawo Blu-rayコピーは1:1ロスレス品質でBlu-ray/DVDをコピーできます。ビデオフレーム、複数な字幕や音声チャンネルなどのBlu-ray/DVDに含まれてる全ての要素も1:1でバックアップ可能。先駆的なブルーレイコピー技術を基づいて開発されたLeawo Blu-rayコピーは高度自由のコピー方式、高速のコピースピードや高品質のコピー出力を提供して、高音質・高画質のBlu-ray/DVD出力ファイルが保証されます。

dvd-copy

Leawo Blu-rayコピー

☉ Blu-rayディスクをPCや空のBlu-rayディスクにコピー、バックアップ
☉ BDをDVDに圧縮コピー
☉ 字幕とオーディオトラックが自由に選択可能
☉ DVD-9をDVD-5ディスクに高品質でコピー

無料体験 無料体験

今すぐ、ブルーレイをDVDに変換する方法を説明します。

ステップ1. 「Leawo Blu-rayコピー」を起動し、Blu-ray Diskをドライブに挿入してから、ソフトでディスクを開きます。
dvdコーピー追加

ステップ2.  Blu-ray Diskの概要がソフトに表示されます。左下隅で書き込み先のディスクの規格(DVD-9 / DVD-5)、コピーモードを設定します。そして、右上のみどりのボタン「コピー」をクリックします。
コピーモード ーー(フルムービー:すべての動画、 メインムービー:一つの動画、 カスタムムービー:複数の動画
dvdコーピー編集

ステップ3.1. ドライブが二つある場合

空のDVDをもう一つのドライブに挿入して、「保存先」で最後の選択肢(空のディスク)にチェックを入れて、一番下の「コピー」をクリックすると、コピープロセスが開始します。
dvdコーピー最後

ステップ3.2. ドライブが一つしか搭載されていない場合

まずは「保存先」で「ISOファイル」にチェックを入れて、一番下の「コピー」をクリックすると、コピープロセスが開始します。
途中で、エラーメッセージ「挿入したディスクはブランクではありません!」が表示されます。その時、元のブルーレイディスクを取り出して、空のDVDをドライブに挿入して、「再試行」をクリックすればいいです。
dvdコーピー最後
(isoファイルを作成してから、ソフトで空のディスクに書き込むのも可能です。)

ブルーレイをDVDにコピーすることは簡単でしょう。ご興味があれば、ぜひお試し下さい!