現在、需要に応じて、ビデオをWMVフォーマットからISOフィルへ変換し、DVDに焼くことがよくあります。その理由としては、WMVフォーマットと比べ、DVDに焼いた方が高再現性を図れます。また、電子データがよく紛失することが多いので、ビデオをDVDに焼くと長期間で保管できます。この文書の中では、ビデオをWMVからISOフィルへ変換し、DVDに焼く方法を身に付けます。

1. Leawo Blu-ray作成でWMVをISOファイルへ変換する方法

WMVからISOへ変換しすることによる品質劣化を防ぐために、高レベルの変換プログラムが求められます。Leawo Blu-ray作成はBlu-rayとDVD作成の優れたプログラムであり、ビデオをISOフィルへ変換し、Blu-ray と DVDディスクに焼くことができます。それを利用して、WMVをISOファイルへ変換することによる品質劣化を最小限にすることを実現できます。

   

Leawo Blu-ray作成でWMVをISOイメージファイルする方法は以下の通りです。

ステップ1:Leawo Blu-ray作成を起動します

まず、Leawo Blu-ray作成をダウンロードし、インストールした後に、起動させます。Leawo Blu-ray作成はProf.Mediaというソフトウエアパッケージに統合されるものであり、Prof.Mediaを開き、Leawo Blu-ray作成のタグをクリックし、Blu-ray作成モジュールを起動させます。

ステップ2:WMVファイルを追加します

「ビデオ追加」ボタンをクリックすると、WMVビデオファイルをプログラムまでインポートします。或いは、対象ビデオを直接的にプログラムのインターフェースまでドラックします。

ステップ3:出力設定

WMVファイルをインポートした後、出力ディスクのタイプ、品質、アスペクト比を下で設定する必要があります。「アスペクト比」オプションの横で出力するファイルのサイズを見れます。次のステップへ行く前に対象ビデオとディスクメニューを編集できます。「字幕」オプションをクリックすると、必要な字幕を選べ、「オーディオトラック」オプションをクリックすると、ファイルの中のサウンドトラックを選べます。その後、上図の緑色の「書き込み」ボタンをクリックします。

ステップ4:WMVからISOへ変換する設定

緑色の「書き込み」ボタンをクリックすると、サイドバーが出ます。ディスクラベルボックス内の出力ファイルのラベル名を変更できます。次に「ISOファイル」オプションをチェックし、「保存先」ボタンをクリックしてから、出力ファイルのディレクトリー設定します。最後、下図の下にある「書き込み」ボタンをクリックすると、WMVからISOへ変換します。

2. Leawo Blu-ray作成でISOファイルを Blu-rayディスクへ変換する方法

ISOへ変換している間に、Leawo Blu-ray作成は使用可能です。

ステップ 1: ソースISOファイルを追加します

ISOファイルをプログラムへ追加する場合、ISOファイルを直接的にインターフェースまでドラックします。或いは、「ビデオを追加」ボタンをクリックしてから、「ISOファイルを追加」ボタンをクリックし、パソコン内のシングルISOファイル、或いはISOファイルホルダーを選びます。ISOファイルをインポートした後に、一番下に出力ディスクのタイプ、品質、アスペクト比を選びます。

Choose subtitles and audio tracks

ステップ 2: ISOファイルの書き込み

まず、空白のディスクをディスクデコーダードライブにセットします。そして、ISOファイルをインポートした後に、以下のように「ISOファイル追加」の画面が出てきます。この画面で、「コピー先」「ディスクラベル」オプションを設定する必要があります。その後、下にある書き込みボタンをクリックすると、ISOファイルをDVDに焼きます。

Choose subtitles and audio tracks

WMVをどのようにISOへ変換しますか?WMVをどのようにISO DVDに焼きますか?となる場合、Leawo Blu-ray作成は使いやすいソフトで、これらの問題を解決できます。Leawo Blu-ray作成を利用して、WMVをISOファイルへ変換し、ハードドライブに保存できます。
その他、ISOファイルを簡単にDVDに焼くことができます。