デジタル汎用ディスクまたはデジタルビデオディスク(通称DVD)は、あらゆる種類のデジタルデータを保存することができるデジタル光ディスク保存フォーマットです。DVDはビデオ素材の保管としてよく使われるため、DVDプレーヤーでDVDムービーを観ることは普通です。そこで、DVDビデオに透かしなどカスタマイズ効果を追加したい人は、自分の特別な要求を満たすためにDVDビデオを編集する方法について知りたいかもしれません。DVDビデオカメラを使ってDVDに記録、保存する人は、よく要らないシーンやエピソードをカットし、欲しいセグメントだけを残します。この記事では、DVDディスクの編集方法について紹介します。

パート1: DVD編集ソフトウェアの選択

DVD(デジタル汎用ディスク)編集用ソフトウェアやプログラムがたくさんあります。どのDVD編集ソフトウェアでも、直接VOB(DVDビデオオブジェクト)ファイルをインポートするか、DVDファイルをMPEG(エムペグ)やwmv(ウィンドウズ・メディア・ビデオ)などのようなソフトウェアが認識できるファイルに変換することによってコンテンツを編集することができます。VOBファイルがインポートまたは変換されると、DVD編集はPCでの他の動画ファイルの編集と同様です。

市場にはたくさんのDVD編集ソフトウェアが出回っていますが、多くはDVDファイルを編集する前に、DVDファイルを認識可能なファイルに変換する必要があるので、不便です。この場を借りて、どのDVD編集ソフトウェアよりも優れる一番いいDVD編集ソフトウェアをご紹介したいと思います。Leawo DVD変換は、変換機能に加え、DVD編集機能も備えています。その優れた技術のおかげで、事前にDVDファイルを変換する必要はありません。

Leawo DVD変換は2つのバージョンがあります。Mac OSご使用ならばLeawo DVD変換for Mac、Windows OSならばWindowsバージョンを使用ください。二つバージョンの操作は、大体同じです。

DVD編集ソフトウェアを無料ダウンロード:

パート2: DVD編集のガイダンス

Leawo DVD変換中のビデオエディタを使って、ソースのDVDムービーにビデオ長をトリム(カット)、透かしを追加、ビデオサイズを切り抜き、ビデオ効果を調整することができます。ソースDVDファイルを読み込んでDVDファイルを選択した後、最後に選択したDVDファイルにある「編集」アイコンをクリックして、内蔵のビデオエディタを開きます。

editing-interface

ビデオ編集画面が表示されと、選択したDVDファイルの編集を開始できます。この編集ガイダンスは、トリミング(カット)、透かしの追加、切り抜き、効果調整の4バートで構成されています。

セクション 1:ビデオ長さのトリミング(カット)

表示されるビデオ編集画面の左側にある「トリム(カット)」ボタンをクリックして、ビデオトリミング(カット)機能を有効にします。スライドボタンを直接ドラッグしてビデオをトリム(カット)するか、「起点時間」と「終点時間」の値を変更することで、合計のカット時間が表示されます。リセットするか、「OK」をクリックして確認してください。.

trimming-video-length

セクション2:透かしの追加

表示されるビデオ編集画面の左側にある「透かし」ボタンをクリックして、透かしを開始します。下部のパラメータで、事前に透かしを有効にします。そして、テキストを入力したり、画像を読んだりして透かしにすることができます。透かしのサイズと位置は手動で設定できます。さらに、透かしの透明度を設定することもできます。すべての動画に透かしを追加する場合は、「すべてに適用」オプションチェックを入れてください。「OK」を押して確認します。

Adding watermark

セクション3:ビデオサイズの切り抜き

左の「切り抜き」ボタンをクリックして、ビデオサイズの切り抜きを開始します。「左から」と「上から」パラメーターを設定し、ズームの種類を選択するか、左の「オリジナル プレビュー」ウィンドウでドットフレームを調整して、ビデオフレーム上の余白と不要な部分を削除します。「OK」を押して確認します。

Cropping Video Size

セクション4:ビデオ効果の調整

「効果」調整画面を入ると、「明るさ」、「コントラスト」、「彩度」、「音量」といった特殊なビデオ効果を調整することができます。選択したすべての動画に設定を適用する場合は、「すべてに適用」機能を選択します。「OK」を押して設定を確認します。

Adjusting Video Effect

パート3: 編集したDVDの保存方法

上記の4つのセクションに基づき、4つの異なる方法でDVDを編集し、最後に「OK」ボタンを押して設定を確認することができます。しかし、編集したDVDを保存するために、もう一つ短いがメインなプロセスがあります。DVDの編集機能以外に、編集したDVDを保存するために、DVD変換機能を使用する必要があります。つまり、編集効果を実現するために、DVDを他のビデオフォーマットに変換します。編集効果を保存するために、編集したDVDを変換する方法についての以下の手順をよくお読みください。

ステップ 1.出力形式を設定します

「OK」ボタンを押して編集を確認した後、ソースDVDを読み込んだ後の画面と同じものが表示されます。

Import DVD File

デフォルトでは、ドロップダウンリスト名が「MP4ビデオ」だが、クリックすることで、MP4、MOV、AVIなどの出力形式に変更することができます。

Choose Output Format

注意:デフォルトでは、ドロップダウンリスト名は「MP4ビデオ」だが、出力ビデオフォーマットを他に変更されると、ドロップダウンリストにはそのフォーマットの名前が表示されます。たとえば、出力ビデオフォーマットをMOVに設定されると、次回Leawo DVD変換を起動する際に、ドロップダウンリストが「MOVビデオ」と表示されます。

ステップ 2. 詳しいパラメータを設定します

出力ビデオフォーマット選択されたら、さらに詳細なパラメータを設定することができます:画質と音質の最適化、ビデオおよびオーディオのコーデック、ビットレート、解像度、フレームレート、サンプルレート、アスペクト(縦横比)とチャネル。完了後、「OK」をクリックして確認し、再びメイン画面に戻ります。

Adjust detailed settings

ステップ 3. 編集したビデオを保存します

緑色の「変換」ボタンをクリックして編集したビデオの保存先フォルダを選択し、表示された画面の下部にあるもう一つ「変換」ボタンをクリックして変換処理を開始します。

select-destination-folder

必要に応じて、変換処理を表示または一時停止することができます。

Conversion Process