近年、デジタル技術の速やかな発展に連れて、人々は映像の品質に厳しくなってきました。高画質・品質の映像や写真を求める傾向があります。4Kビデオカメラはいつの間にか人々の日常生活に現れました。4Kビデオカメラで高画質の動画を撮影して、大切な思い出を残すのが何より望ましい事だと考えられます。

Leawo-DVD-creator

【2019】売れている4kビデオカメラ3選

高画質やハイビージョンの映像が流行っているとともに、4Kビデオカメラは人々の日常生活に重要な存在になってきました。ここでは、今年に売れに売れている4kビデオカメラをお勧めしたいと思います。

NO.1 パナソニック(Panasonic) 4Kビデオカメラ HC-VZX990M

持ち歩きに最適な、軽量サイズの4Kビデオカメラです。手ブレやフレームアウトの心配がなくなる「あとから補正」4Kで広く撮るだけで、あとから被写体の追尾や、画角の調整、手ブレの補正をすることができます。大切なシーンの撮影で失敗を防ぎ、初めての方でもかんたんに上手な映像を残せます。価格もリーズナブルで、初心者に最適です。

NO.2 ゴープロ(GoPro) 4Kビデオカメラ HERO7

HERO7はゴープロ(GoPro) の人気製品の1つであり、あなたの動きを予測し、カメラのフレーを補正することで驚くほと滑らかな映像を撮影てきます。また、優れた耐久性10mの防水性を備えていて、超高フレームレートの4Kビデオを撮影できます。 更に、風や振動、操作による雑音を能動的に取り除き、くっきりと明瞭な音質を生み出します。

NO.3 ソニー(SONY) 4Kビデオカメラ FDR-AX45 

ソニー(SONY) FDR-AX45は撮りたい範囲がちゃんと入る、ワイド端最大26.8mmの広角撮影を実現できます。撮影した4K動画から決定的瞬間を、829万画素の高精細な静止画で切り出せます。20倍の光学ズームに加えて、4K記録時は30倍、HD記録時は40倍での撮影が可能です。

4kビデオカメラで撮った4K動画をBDに焼く方法

4kビデオカメラで撮った4K動画をBDに焼くには、4K画質の動画ファイルをBDに書き込めるパソコン及び4K画質対応のBD作成ソフトが必要です。また、4K動画をBDに焼く前に、4K画質の動画ファイルを対応できる空きのブルーレイディスクを用意すべきであることをご注意ください。ここでは、Leawo Blu-ray作成という優れたBD作成ソフトを利用して、簡単に4kビデオカメラで撮った4K動画をBDに焼く方法を説明いたします。

関連記事:aviutlで編集した動画をBD50に書き込む方法

dvd-creator

Leawo Blu-ray作成

☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをBlu-rayディスク/DVDに焼く

☉ BD-25, BD-50, DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAMなどのDVD/Blu-rayメディアに対応

☉ メニューテンプレート自由に選択可能

☉ ビデオ編集可能

☉ チャプター付きで動画をBlu-rayディスクに作成

無料体験 無料体験